健康薬学コース

健康薬学コース

健康薬学コース

生活習慣病の予防と薬物治療に積極的に関与できる優れた専門家を目指す

疾病の予防から治療まで、人々の生活を支える健康薬学 少子高齢化はますます進み、日本は2040年ごろまでに3人に1人が65歳以上という超高齢社会を向かえようとしています。現代の医療において、癌、心疾患、脳血管疾患、高血圧症、糖尿病など、多くの成人や高齢者に見られる生活習慣病の克服が最重要課題となっています。これにより私たち一人一人の健康への意識も年々高まり、医薬品の情報のみならず、栄養や運動、生活環境改善、薬害・薬物乱用防止への対応が求められています。

また、健康補助食品やサプリメントのめざましい需要拡大によって、これらと医薬品との適正服用などに関する情報の提供も社会的なニーズとなってきました。このような予防医療時代に向け、健康薬学科では、医薬品による疾病の治療のみならず、疾病の予防、健康増進、生活環境保全まで視野に入れた教育・研究を基盤として、地域医療やセルフメディケーションに貢献できる薬剤師を育成します。そのために、「医療品」に加えて「健康食品」についても適切なアドバイスを行うことができる NR・サプリメントアドバイザーの資格を有する薬剤師の育成を目指します。