社会貢献・地域連携

社会貢献および地域交流活動は、日本薬科大学にとっての重要な使命です。埼玉県の伊奈町、上尾市、 東京都の文京区などの地域と連携し、本学の知的・人的資源を活用した、さまざまな形態で活動を行っています。
今後も、本学は地元市町村や企業とコラボレーションしながら社会貢献や地域交流活動を行っていく予定です。

周辺市区町村との交流と情報発信

本学では、地域連携の一環として、大学周辺の市区町村の情報発信サイトに情報を掲載し、社会貢献・地域交流を強化しています。

≫ 伊奈町地域情報サイト『いなナビ』

伊奈町地域情報サイト『いなナビ』

伊奈町のことを知る、伊奈町の情報を伝える「いなナビ」。 美味しいお店やイベントなど、伊奈町周辺の情報が満載です。
≫ 上尾市農商工観ポータルサイト『あげポタ』

上尾市農商工観ポータルサイト『あげポタ』

上尾市内の店舗や企業の情報をはじめ、イベントや観光スポットなど、 上尾市の農業・商業・工業・観光に関する情報などを提供するポータルサイトです。
今後の予定

今年度のイベントや日程は予定が決まり次第、掲載させていただきます。

※行事に関してのご参加などその他質問に関しては、各行政・団体様までお願い致します。
⇒ ≫各行政・各団体はこちら

伊奈町親善大使 ローズガール結成式

キハダプロジェクト

キハダプロジェクト

キハダプロジェクトとは、秩父地域の新たなる林業振興を目指して、秩父地域の山林に自生しているキハダ(黄檗)を活用した商品開発とそれに付随する地方創生に向けた取り組みのことを言います。

学生主体となる活動

苔逢わせ

日本薬科大学で始まったキハダプロジェクトでは、林業と薬学をくみ合わせて 秩父の活性化に取り組んでいます。
学生が主体となり動ける環境を作ることで、活性化の波をさらに大きくしたい。
そう願って「苔逢わせ」は生まれました。

私たちが秩父で苔を見つけたのは、たくさんのめぐり逢わせがきっかけです。
山が好きな先生方に出逢い、森を守るNPOに出逢い、秩父に住むたくさんの人にめぐり逢い、この活動が始まりました。
人と人とのめぐり逢いを大切にしたい。
苔を通して秩父と出逢う人を増やしたい。
それが「苔逢わせ」という名前の由来です。

苔逢わせ 日本薬科大学

日本薬科大学 産学連携商品

本学では、各自治体の地域活性・雇用の創出、各企業と連携を目的として商品の開発を行っています。ここでは本学が携わった産学連携商品について紹介します。

産学連携商品一覧
TOPICS