学科情報

薬学科 教育方針

日本薬科大学 薬学科の3つの方針

教育目標

創造的医療人、時代と地域社会に適応できる医療人、惻隠の心をもつ医療人、統合医療を実践できる医療人の育成を目標とする。

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー:DP)

日本薬科大学は、学園の建学の精神「個性の伸展による人生練磨」を基本理念とし、薬学科においては、6年間の教育課程を修了して所定の単位を修得することにより、以下の力を身につけた学生に対して学位を授与します。

 

  1. 知識:薬に関する基本的知識に加え、生活習慣病の治療と予防、セルフメディケーションおよび臨床に関する専門的知識を修得している。
  2. 技能:医療の現状について理解を深め、社会や他者と適切なコミュニケーションを図りながら、薬学の専門家として医療に積極的に参画できる実践的能力を修得している。
  3. 態度:患者や生活者の立場に立って、豊かな人間性と生命の尊厳について深い認識をもち、自ら考え、医療人として責任を持った行動を取ることができる。
  4. 問題発見・解決力:薬学の専門家として教育・研究を遂行する意欲と態度を持って自己研鑚に励み、思考力・判断力・表現力を身につけて、問題を解決することができる。
  5. 統合医療の理解と実践:西洋医学とともに、日本の伝統医学である漢方医学の考え方を取り入れた「統合医療」を理解し、実践できる知識と技能を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー:CP)

日本薬科大学は、学園の建学の精神「個性の伸展による人生練磨」を基本理念とし、薬学科の教育目標を達成するために、以下の方針に基づいて6年間の教育課程を編成し、教育を実践します。

 

  1. 教育課程は、薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した授業科目を約7割、統合医療をはじめとする本学独自の授業科目を約3割として編成する。
  2. 低学年の薬学導入教育科目、基礎薬学教育科目から高学年の医療薬学の内容を主とする臨床薬学教育科目へ体系的に順次性をもって学修するように編成する。
  3. 見識ある人間としての基礎を築き、医療人として必要な人間性や知性を養うために、1年次に教養科目を置き広く選択できるようにする。
  4. 専門性を深めるために、健康薬学、漢方薬学及び医療薬学の3コースそれぞれの独自科目を置く。
  5. 全学年にわたって医療人教育を行ない、特に1~4年次においてはヒューマニティ・コミュニケーション科目において医療人としての基盤教育を実施する。
  6. 医療安全教育を実施するとともに、生涯学習の意欲醸成のための教育も実施する。
  7. 1年次から卒業時まで継続的に英語教育を行い、特に1~2年次においては少人数クラスで実施するとともに、「読む」「書く」に加えて「聞く」「話す」教育も実施する。
  8. 講義内容の理解を深め専門的な技能を身につけるために、低学年から高学年まで順次性をもって実習科目を置く。
  9. 成績評価は、科目の特性に応じて適切かつ多様な評価方法と基準を設ける。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー:AP)

日本薬科大学は、学園の建学の精神「個性の伸展による人生練磨」を基本理念とし、薬学科の教育目標を達成するために、多様な選抜を実施することにより、以下の資質をもつ者を受入れます。

 

  1. 高等学校の教育課程を幅広く修得しており、理科系科目(化学、数学、物理、生物)の基礎的な内容を身につけている。
  2. 身の周りの問題について、知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え自分なりの結論を導き、説明することができる。
  3. 薬剤師となって、社会に貢献したいという明確な目的意識と意欲がある。
  4. 入学前教育として求められる、必要な基礎的な知識を身につけるためのプログラムに最後まで取り組むことができる。