お得な奨学金情報

奨学金情報 薬学科(6年制)

お得な奨学金制度

試験による奨学金制度

日本薬科大学では、平成28年4月入学をご希望の方を対象に、特待生入試、一般入試、指定校推薦入試を活用した「試験による奨学金制度」を設けています。

薬学科(6年制)

薬学科(6年制)奨学金制度
  • 特待生入試について詳しく知りたい方はコチラ
  • 一般入試について詳しく知りたい方はコチラ
  • 指定校推薦入試について詳しく知りたい方はコチラ
都築学園関連学校法人の同窓生子女および日本薬科大学在学生、兄弟姉妹減免制度

都築学園関連学校法人の同窓生子女、および、日本薬科大学へ兄弟・姉妹が在学されている場合、二人目からの入学者に対して学納金が減免される制度です。

薬学科(6年制)

特待生Bとして、授業料が40万円減免されます。
減免時学納金:180万円×(規定年限)6年間

※ 特待生Bは、入学後、各学年ごとに学業成績などをもとに審査を行いますが、特に問題(欠席・素行不良)がない限り、次年度以降も規定の年限までは継続します。

入試説明会のご案内

日本薬科大学では、奨学金をはじめ入試制度全般について詳しくご説明いたします。

  • 入試説明会について詳しく知りたい方はコチラ
国の教育ローン・日本学生支援機構

教育ローン制度を利用すれば、必要な学費をまかなうことができます。特に国の教育ローンは入学時に必要な費用を融資してくれるので、おススメです。返還不要のものから、卒業後、働き始めてから、返還するものまで、上手に活用してください。

薬学科(6年制)

奨学金の利用例Case1

入学手続時納入金(125万円)が用意できない。

国の教育ローンをご利用ください

※ 国の教育ローンをご利用になれば350万円を学費や入学金などに利用できます。
  申請から結果が出るまで最短5営業日間です。
※ 入試シーズンとなる1月~3月には込み合いますので早めの申し込みをおススメいたします。

奨学金の利用例Case2

1年目の学費は貯金を充てる予定だが、2年目からの学費はアルバイトをして補てんするしかない。でも、アルバイトをしながら勉強についていけるか心配・・・。

日本学生支援機構の奨学金(第2種)をご利用ください

日本学生支援機構の奨学金は「薬学部」での採用となりますので、月額12万に薬学部、獣医学部のみでうけられる加算2万円を上乗せできます。
そのため、年額168万円(14万円x12ヶ月)の貸与を受けられます。5年間分の学費(1,100万円)に対し、1,008万円(年間168万円x6年間)の貸与を受けられますので、十分対応できます。

※ 国の教育ローンと日本学生支援機構の奨学金は併用できます。日本学生支援機構の奨学金だけでは不十分の方は、国の教育ローンをご利用いただければ、6年間で350万+1,008万円で最大1,358万円の貸与を受けられます。

奨学金の利用例Case3

日本薬科大学提携教育ローン

本学では、信販会社と提携し、学費(委託徴収金を含む)の納入の際に利用できる『学費融資』をご案内しております。
申し込みは本人が直接行います。申し込み方法や金利・返済方法は各社で違いがあります。詳しいご案内は下記のWebご確認ください。

・株式会社オリエントコーポレーション
URL: http://www.orico.tv/gakuhi/?clientid=14885149
お問合せ先:学費サポートデスク
お問い合わせ時間:平日 9:30~17:30
TEL:0120-517-325

 

薬学科 奨学金フローチャート

薬学科 奨学金フローチャート

薬学科 6年間の必要経費(例)

日薬太郎さん(薬学科)の例

「一般生」で合格して入学  埼玉県さいたま市在住

日薬太郎さん(薬学科)の経費例

薬学科 日薬太郎さんの場合の奨学金利用例(一覧)

ほぼ全員が貸与対象となる2大奨学金制度 

薬学科 奨学金の返済例

日薬太郎君 薬学科卒業

調剤薬局 日薬 薬局薬剤師として勤務
年収 約450万円(月収 手取り 約30万円)

奨学金の返済例

※ 15年~20年の長期返済となりますが、繰上げ返済も出来ます。
  また、収入は年々上がりますので、上記シュミレーションが最も厳しい状態となります。