教員プロフィール

山路 誠一

山路 誠一 准教授

山路 誠一 准教授

プラスαの知識が自信のもと。

人類の歴史とともに歩み始めた薬物「生薬」は、漢方薬、サプリメント、医療用医薬品原料などとして現代人の健康と治療に多大な貢献をしています。この「生薬」を学ぶ分野が「生薬学」です。「生薬学」は薬学基礎科目の一環として学ぶほか、本学独自の漢方・健康薬学科では高学年に進級するにつれて、その知識が一層深まります。他の薬科大学ではなかなか学べない「プラスαの知識」こそ、みなさんの活動の場や可能性を広げ、将来の自信につながるはずです。「生薬学」の世界をいっしょに学んでいきましょう。

学術論文

  • Rauchensteiner, F., Matsumura, Y., Yamamoto, Y., Yamaji, S., and Tani, T.: Analysis and comparison of Radix Glycyrrhizae (licorice) from Europe and China by capillary-zone elecrophoresis (CZE). J. Pharm. Biomed. Anal., 38, 594-600 (2005).

著書

  • 木村孟淳,田中俊弘,水上 元弘編集,山路誠一ほか分担執筆:新訂生薬学 改訂第6版,南江堂,(2007).
  • 野呂征男,木村孟淳,水野瑞夫,田中俊弘編集,山路誠一,伏見裕利ほか分担執筆:薬用植物学 改訂第6版,南江堂 (2006).

国内学会発表

  • 山路誠一,恒岡まり,木村孟淳:「麗江麻黄」の形態と基原に関する研究.日本薬学会,第128年会(横浜) (2008).
  • 森田祐基,菰田綾佳,西野正雄,林 優樹,西野ゆり,宮本如奈,高倉弘士,乾真由美,畠山有理,山路誠一:愛知万博シンガポール館で展示された生薬に関する考察(2).日本薬学会第127年会(富山) (2007).
  • 山路誠一,田中与則,木村孟淳,米光美知子,福田直通:Ephedra属植物の生薬学的研究―クチクラ瘤分布の画像解析―.日本薬学会第126年会(仙台) (2006).
  • Dawa, D., 山路誠一,小松かつ子:薬物から見たチベット医学-中国『薬品標準(蔵薬)』の収載処方について-.日本薬学会第123年会(長崎) (2003).

その他

  • 山路誠一,葉序の調節:明らかになったオーキシン極性輸送の役割,ファルマシア (トピックス),40(11), 1046-1047 (2004).
  • 山路誠一,『「毒」入り季節感 ご用心』,讀賣新聞,2008年6月26日,社会面13面,讀賣新聞社,東京.