教員プロフィール

高野 文英

高野 文英 教授

高野 文英 准教授

健康増進に役立つ成分を自然に求めて

超高齢化社会における医療の内科治療では、薬に近い薬効をもつ食品や、植物・動物・鉱物を出発点とした生薬を使った医薬品も頻繁に用いられます。私の研究テーマは、人の健康増進に役立つ天然素材や成分を見出すことであり、さらにはその薬効について免疫薬理学の観点から明らかにすることです。受験生の皆さん、統合医療を目指す本学で学び、社会で一歩先んじた薬剤師を目指してみませんか。

略歴

  • 東北薬科大学大学院修士課程修了、東北大学教務職員(博士(薬学)取得)、金沢大学薬学系准教授を経て現職。

学術論文

  • M. Tebakari, S. Katoh, H. Hashimoto, J. Kawashima, F. Takano. Porcine placenta extract modulates the expression of skin functional proteins in cultured human fibroblasts and keratinocytes. Pharmacometrics, 88(1/2): 1 -6, (2015).
  • 須藤麻里, 加藤卓, 入澤恵, 市澤恵 石原克之, 佐久間塁, 伏谷眞二, 高野文英. じゃがいも皮抽出物の経口投与によるマウスパイエル板細胞のサイトカイン産生への影響. 日本補完代替医療学会誌. 11(2): 107-110, (2014).
  • N. Yahagi, Y. Shimano, R. Yahagi, S. Kato, C. Sakurada, T. Yasuda, T. Ohta, S. Fushiya, F. Takano. Liquid culture filtrate of Paecilomyces tenuipes does not reduce tumor growth but ameliorates hematotoxicity caused by mitomycin C in tumor-bearing mice. Pharmacometrics, 86 (3/4): 63-69, (2014).
  • N. Yahagi, Y. Shimano, R. Yahagi, S. Kato, C. Sakurada, T. Yasuda, M. Toda, S. Toda, S. Fushiya, T. Ohta, F. Takano. The liquid culture filtrate of a new entomogenous fungus, Paecilomyces species from stag beetle, up-regulates ileal immune responses in mice ex vivo. Pharmacometrics 86 (3/4): 49-56, (2014)
  • C. Yoshikawa, K. Koike, F. Takano, K. Sugiura, N. Suzuki. Efficacy of porcine placental extract on wrinkle widths below the eye in climacteric women. Climacteric, 17:370-376, (2014).
  • T. Tatsuno, T. Kawabata, C. Yoshikawa, T. Takahashi, T. Shimizu, C. Sakurada, S. Fushiya, T. Ohta, F. Takano. Novel naphthoquinone derivatives from the roots of Rhinacanthus nasutus KURZ and their biological activities in vitro. Pharmacometrics 85 (5/6): 121-128 (2013).
  • C. Yoshikawa, F. Takano, Y. Ishigaki, M. Okada, S. Kyo, N. Suzuki, K. Sugiura, K. Koike. Effect of porcine placental extract on collagen production in human skin fibroblasts in vitro.  Gynecol. Obst. 3(2): 186, (2013).
  • M. Suo, T. Ohta, F. Takano, S. Jin. Bioactive phenylpropanoid glycosides from Tabebuia avellanedae. Molecules 18: 7336-7345, (2013).
  • F. Takano, C.-X. Bi, Y. Ishigaki, H. Yoshida, C. Sakurada, T. Takahashi. Anticholesteremic agents, statins, modulate monocyte activation in cultured human THP-1 cells. Pharmacometrics 84 (5/6): 75-81, (2013).
  • K. Koike, Y. Yamamoto, N. Suzuki, R. Yamazaki, C. Yoshikawa, F. Takano, K. Takuma, K. Sugiura, M. Inoue. Efficacy of porcine placental extract on climacteric symptoms in peri- and post-menopausal women. Climacteric,16(4):447-452, (2013).
  • T. Kawabata, C. Uchida, H. Kato, T. Tsubata, F. Takano, T. Ohta. Melanogenesis-modulating diketopiperazine derivatives from Hypocrea spp. Heterocycles, 87(2): 417-422, (2013).
  • K. Koike, Y. Yamamoto, N. Suzuki, R. Yamazaki, C. Yoshikawa, F. Takano, K. Sugiura, M. Inoue. Efficacy of porcine placental extract on shoulder stiffness in climacteric women. Climacteric, 16(1):28-35, (2013).
  • K. Mitani, F. Takano, T. Kawabata, A. E. Allam, M. Ota, T. Takahashi, N. Yahagi, C. Sakurada, S. Fushiya, T. Ohta. Suppression of melanin synthesis by the phenolic constituents of sappanwood (Caesalpinia sappan). Planta Med., 79(1): 37-44, (2013).
  • M. Suo, H. Isao, H. Kato, F. Takano, T. Ohta. Anti-inflammatory constituents from Tabebuia avellanedae. Fitoterapia, 83(8):1484-1488, (2012).
  • T. Tatsuno, M. Jinno, Y. Arima, T. Kawabata, T. Hasegawa, N. Yahagi, F. Takano, T. Ohta. Anti-inflammatory and anti-melanogenic proanthocyanidin oligomers from peanut skin. Biol. Pharm. Bull., 35(6): 909-916, (2012).
  • Fukazawa, M. Yamaguchi, F. Takano, M. Mikage. Studies for developing Japanese Taila, an Ayurvedic medicated oil. J. Trad. Med., 29(1): 18-24, (2012).
  • E. Allam, M. A. El-Shanawany, E. Y. Backheet, A. M. Nafady, F. Takano, T. Ohta. Cytotoxic xanthone glycosides from aerial part of Centaurium spicatum. Heterocycles, 85(3): 651-659, (2012).
  • N. Ota, F. Takano, S. Muroga, T. Kawabata, Y. Ishigaki, N. Yahagi, T. Ohta. Garlic extract and its selected organosulphur constituents promote ileal immune responses ex vivo. J. Func. Foods, 4(1): 243-252, (2012).
  • E. Allam, M. A. El-Shanawany, E. Y. Backheet, A. M. Nafady, F. Takano, T. Ohta. Two new acetylated flavonoid glycosides from Centaurium spicatum L. J. Nat. Med., 66(2): 388-393, (2012).
  • M. Suo, I. Hasegawa, Y. Ishida, Y. Shimano, C.-X. Bi, H. Kato, F. Takano, T. Ohta. Phenolic lipid ingredients from cashew nuts. J. Nat. Med., 66(1):133-139, (2012).
  • C. Yoshikawa, K. Koike, R. Yamazaki, S. Akazawa-Kudoh, F. Takano, K. Sugiura, T. Kaku, M. Inoue. Evaluation of skin condition by skin analyzer in adult women: Establishment of normal ranges for values of parameters of skin condition and effect of hormone replacement therapy on skin condition. Menopause & Women’s Health Jpn, 19(2): 207-215, (2011).
  • S. Ohno, F. Takano, Y. Ohta, S. Kyo, S. Myojo, S. Dohi, H. Sugiyama, T. Ohta, M. Inoue. Frequency of Myeloid Dendritic Cells Can Predict the Efficacy of Wilms′ Tumor 1 Peptide Vaccination. Anticancer Res. 31(7): 2447-2452, (2011).
  • Y. Ishigaki, Y. Nakamura, T. Takehara, T. Shimasaki, T. Tatsuno, F. Takano, Y. Ueda, Y. Motoo, T. Takegami, H. Nakagawa, S. Kuwabata, N. Nemoto, N. Tomosugi, S. Miyazawa. Scanning electron microscopy with an ionic liquid reveals the loss of mitotic protrusions of cells during the epithelial mesenchymal transition. Microscopy Res. Tec., 74(11):1024-1031, (2011).
  • T. Kawabata, T. Hasegawa, Y. Nojiri, C. Uchida, T. Tsubata, H. Kato, F. Takano, T. Ohta. Phloroglucinols from the Leaves of Eucalyptus globulus. Heterocylces, 83(3): 631-636, (2011).
  • H. Kato, M. Samizo, R. Kawabata, F. Takano, T. Ohta. Stilbenoids from the melinjo (Gnetum gnemon L.) fruit modulate cytokine production in murine Peyer’s patch cells ex vivo. Planta Med., 77(10): 1027-1034, (2011).
  • T. Murayama, C. Bi, Y. Li, Y. Ishigaki, F. Takano, T. Takegami, T. Ohta, H. Sumino, K. Ubukata, T. Takahashi. Inhibitory effects of statins on cytomegalovirus production in human cells: comprehensive analysis of gene expression profiles. J. Exp. Clin. Med., 3(1): 40-45, (2011).
  • T. Kawabata, M.-Y. Cui, T. Hasegawa, F. Takano, T. Ohta. Anti-inflammatory and anti-melanogenesis steroidal saponin glycosides from fenugreek (Trigonella foenum-graecum L.) seed. Planta Med., 77(7): 705-710, (2011).
  • M. Yamaguchi, N. Yahagi, H. Kato, F. Takano. Capsicum extract and its constituents modulated the production of immunoglobulins in Peyer's patch cells ex vivo. J. Func. Foods, 2(4): 255-262, (2010).
  • M. Mostafa, F. Takano, T. Ohta, UniUnique phenyl ether type biflavonoids, zizyflavosides A and B with biomimetic synthesis for zizyflavoside A. Heterocylces, 81(11): 2497-2509, (2010).
  • M. Yamaguchi, I. Hasegawa, N. Yahagi, Y. Ishigaki, F. Takano, T. Ohta. Carotenoids modulate cytokine production in Peyer’s patch cells ex vivo. J. Agric. Food Chem., 58: 8566-8572, (2010).
     

2009年度以下省略

海外および国際学会発表

  • Yoshizaki F., Kobayashi K., Takano F., Natsagdorj D., Odontsetseg G., Batkhuu J.. Aconite prescriptions of traditional Mongolian medicine in Manba Datsan. 5th International Symposium on “Present Situation and Future Status of Mongolian Traditional Medicine Development” Ulaanbaatar, Mongolia, Sept. 15-16, 2011.
  • Ota N., Takano F., Ohta T. Effects of Herbal Extract, Moku-boi-to (mu-fang-yi-tang) on Heart Functions in Hypertrophic Cardiomyopathic Hamster by using a Magnetocardiograph. The 4th China-Korea-Japan Joint Symposium on Pharmacognosy, Gangneung, Korea、2008. June. 18-20.
     

2007年度以下省略

国内学会発表

  • 手計 雅彦,加藤 卓,橋本 遥,川島 順市,高野 文英.「ブタプラセンタエキスのヒト皮膚細胞に及ぼす影響について」、日本薬学会大134年会(熊本)、平成26年3月27(木)~30日(日)
  • 大澤 怜以,竹田 真,嶋 雄一郎,加藤 卓,高野 文英.「六君子湯および四君子湯における消化管免疫応答におよぼす影響」、日本薬学会大134年会(熊本)、平成26年3月27(木)~30日(日)
  • 橋本 遥,森 美乃,加藤 卓,手計 雅彦,川島 順市,高野 文英.「プラセンタエキスのマウス骨髄の血球分化増殖に及ぼす影響」、日本薬学会大134年会(熊本)、平成26年3月27(木)~30日(日)
  • 加藤 卓,嶋 雄一郎,竹田 真,高野 文英,伏谷 眞二.「コーヒーおよびコーヒー成分の腸管免疫応答制御作用に関する研究(1)」、日本薬学会大134年会(熊本)、平成26年3月27(木)~30日(日)
  • 安田 高明,山本 愛子,高野 文英,伏谷 眞二,船山 信次,高柳 覚,中野 裕子,高橋 知也.「ソリザヤノキOroxylum indicumに含まれるヒアルロン酸産生促進物質」、日本薬学会大134年会(熊本)、平成26年3月27(木)~30日(日)
  • 須藤 麻里、加藤 卓、入澤 恵、市澤 恵、石原 克之、平林 真一、古賀 秀徳、佐久間 塁、伏谷 眞二、高野 文英.「じゃがいも皮抽出物の経口投与によるマウスパイエル板細胞のサイトカイン産生への影響」、日本農芸化学会2014年度大会、平成3月27日(木)~3月30日(日)
  • 窪田篤人、野口美沙、米川倫之、高野文英、伏谷眞二、林和泉、櫻田誓.防已黄耆湯およびシノメニンの抗侵害刺激作用.日本薬学会第133年会、横浜、2013年3月27日(水)~30日(土).
  • 川畑 哲郎、高野 文英、只野武、太田 富久.コウタケ (Sarcodon aspratus) 子実体から得られた二次代謝産物について.日本農芸化学会2013年度大会、仙台、2013年3月24日~28日.
  • 長谷川 功、加藤 光、高野文英、只野 武、太田 富久.ピーマン胎座由来のマウス腸管免疫に影響を及ぼす物質の探索.日本農芸化学会2013年度大会、仙台、2013年3月24日~28日.
  • 朴 奎珍、川畑 哲郎、高野英文、只野 武、豊田 剛史、太田 富久.イチゴポリフェノールエキス (Fragrasia X ananassa) の抗肥満効果.仙台、2013年3月24日~28日.
  • 太田 富久、索 茂栄、辰野貴則、長谷川 功、加藤 光、高野 文英. タヒボTabebuia averanedae に由来する抗炎症成分. 日本補完代替医療学会学術集会、東京、2012年11月17日~18日.
  • 只野 武、川畑 哲郎、辰野貴則、島野 康子、高野 文英、中川西 修, 丹野 孝一、太田富久. 乳酸菌Enterococcus faecalis の代替医療に関する薬理学的検証. 日本補完代替医療学会学術集会、東京、2012年11月17日~18日.
  • 川畑 哲郎、只野 武、中井隆人、西浦 英樹、高野 文英、太田 富久. コウヤマキ Sciadopitys verticillata 葉に由来する機能性物質の探索. 日本補完代替医療学会学術集会、東京、2012年11月17日~18日.
  • 石原 克之、島野 康子、高野文英、太田 真弓、古賀 秀徳、太田 富久. アクリルアミドを含有するポテトチップスの生体への影響評価. 日本補完代替医療学会学術集会、東京、2012年11月17日~18日.
  • 川畑哲郎、中井隆人、西浦英樹、高野文英、太田富久;コウヤマキSciadopitys verticillata 葉由来IL-1β 抑制物質の探索研究 (2);日本薬学会第132年会、札幌、2012. 3.28~31.
  • 室賀 翔太,高野 文英,川畑 哲郎,太田 富久;地骨皮の抗アレルギー成分の探索 (2);日本薬学会第132年会、札幌、2012年3月28日~31日.
  • 長谷川 功,加藤 光,高野 文英,太田 富久;ピーマン(Capsicum annum L. var. ‘grossum’)胎座のサイトカイン産生への影響 (2);日本薬学会第132年会、札幌、2012年3月28日~31日.
  • 朴 奎珍,川畑 哲郎,高野 文英,太田 富久;イチゴ Fragraria x ananassa 香り成分の脂肪蓄積阻害作用;日本薬学会第132年会、札幌、2012年3月28日~31日.
  • 高野文英、辰野貴則、石垣靖人、中野裕子、高橋知也、太田富久;白鶴霊芝エキスのマウス小腸パイエル板サイトカイン産生・抗体産生に及ぼす影響,および発現遺伝子の網羅的解析;第4回食品薬学シンポジウム、東京、2011年 10月28日~29日.
  • 川畑哲郎、長谷川達也、野尻優果、高野文英、太田富久;ユーカリ葉由来新規フロログルシノール誘導体の構造および生理活性について;第4回食品薬学シンポジウム、東京、2011年 10月28日~29日.
  • 長谷川功、加藤光、高野文英、太田富久;ピーマン胎座由来のサイトカイン産生賦活成分の探索;第4回食品薬学シンポジウム、東京、2011年 10月28日~29日.
  • 川畑陵介、加藤光、高野文英、太田富久;メリンジョ果実部に含まれる化合物の生物活性評価;第4回食品薬学シンポジウム、東京、2011年 10月28日~29日.
  • Park Gyujin、川畑哲郎、高野文英、太田富久;イチゴFragraria x ananassa香り成分の脂肪蓄積阻害作用;第4回食品薬学シンポジウム、東京、2011年 10月28日~29日.
  • 室賀翔太、高野文英、太田奈津子、川畑哲郎、太田富久;ニンニクとその含硫化合物のマウス小腸パイエル板細胞におけるサイトカイン産生に及ぼす影響,および発現遺伝子の網羅的解析;第4回食品薬学シンポジウム、東京、2011年 10月28日~29日.
  • Lin Wang、川畑哲郎、高野文英、太田富久;落花生種子に由来する化合物の探索;第4回食品薬学シンポジウム、東京、2011年 10月28日~29日.
     

2011年上半期以下省略

研究費の受入状況

  • 日本学術振興会科学研究補助金(基盤研究(C)一般),「モルヒナン関連化合物の非麻薬性鎮痛作用に関する研究(26460126)」,研究代表,2014-2017年.
  • 日本学術振興会科学研究補助金(基盤研究(C)一般),「'消化管免疫応答を制御する冬虫夏草属菌由来の高分子アジュバントに関する研究(22590004)」,研究代表,2010-2012年.
  • 日本学術振興会科学研究補助金(基盤研究(C)一般),「オキサリプラチンの末梢神経障害に対する人参養栄湯の臨床効果とその分子機構(22590669)」、研究分担、(研究代表者:元雄良治 金沢医科大学)2010~2012年.
  • 日本学術振興会科学研究補助金(基盤研究(B)一般),「ウイルス感染に対するスタチン系薬作用の分子基盤の解明」,研究分担,(研究代表者:高橋 孝 北里大学大学院感染制御科学府),2009-20012年
     

2010年度以下省略

共同研究

  • 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科・環境健康科学講座

  • 金沢医科大学総合医学研究所

  • 北里大学大学院感染制御科学府・感染症学研究室

  • 東北薬科大学大学院・生薬学教室

社会活動

  • 日本薬学会会員(一般会員)
  • 和漢医薬学会会員(一般会員)
  • 日本東洋医学会単年度会員
  • 日本生薬学会会員(一般会員)
  • 日本香辛料研究会会員(一般会員)

シンポジウム等

  • トウガラシおよびトウガラシ由来カロテノイドによる消化管免疫応答を基盤とした補完医療への適用、第15回応用薬理シンポジム年会(東京)、2013年9月28日(土)~29日(日).
  • 天然薬物資源の薬理学的評価と活性成分に関する研究;腸管免疫系および骨髄系に対する作用を中心として、日薬研究会、日本薬科大学、2012年5月28日(月)
  • Fermentation Food Symposium Kanazawa 2012(”City Area Project 2009”, Kanazawa University-Ishikawa Prefectural University-Industrial Research Institute of Ishikawa), 高野文英「発酵と薬効」、Kanazawa (Kanazawa University), 2, March 2012.
  • Fermentation Food Symposium Kanazawa 2011(”City Area Project 2009”, Kanazawa University-Ishikawa Prefectural University-Industrial Research Institute of Ishikawa), Fumihide Takano, “Ileal Immune Response with Fermentation Food”, Kanazawa (Kanazawa University), 21, January 2011.
  • 金沢大学薬学シンポジウム2009「生体機能の調節」(金沢大学医薬保健研究域(薬)主催)高野文英「同症状に用いる漢方薬の薬効と発現遺伝子の網羅的解析」、金沢(金沢大学)、2010年2月10日(金)。
  • 第37回薬物活性シンポジウム(日本薬学会・日本薬理学会主催) 高野文英,新山雅人,山口昌也,太田富久 「腸管免疫応答を制御する食品と薬理学的機能性について」,仙台(東北薬科大学),2009年10月9日(金)~10月10日(土).

特許

  • 落花生種皮処理物を用いた造血機能回復剤及び加工食品」,高野文英(発明者),(株)エフェクト,(有)ビーシーと共同出願.特願:1996-278309,特開:平10-120588.
  • 「一酸化窒素産生抑制剤」,高野文英(発明者),熱帯林再生技術研究組合,住友林業(株)と共同出願.特開:200247181(P2002-47181A)
  • 「一酸化窒素産生抑制剤」,高野文英(発明者),熱帯林再生技術研究組合,住友林業(株)と共同出願.特開:200034233(P2000-34233A)
  • 「イザリア型虫草由来のサイトカイン産生増強剤」,高野文英(発明者),(株)エフェクトと共同出願.特願:2003-336435,特開:2005104848
  • 「ハトムギの茎葉を用いた食品及び医薬組成物」,高野文英(発明者),太田富久と共同出願,特願:2006-083662,特開:2007252329
  • 「プロアントシアニジン三量体」,高野文英(発明者),(株)エフェクトと共同出願,特願: 2009-011338. 特開:2010168300
  • 「新規化合物、抗腫瘍剤及び抗腫瘍作用を有する医薬品、食品又は化粧料」,高野文英(発明者),(株)アルソア本社と共同出願,特願2010-34947(出願,H22年2月19日)
  • 「抗肥満剤及び脂肪蓄積抑制作用を有する医薬品、食品又は化粧料」,高野文英(発明者),(株)アルソア本社と共同出願,特願2010-34621(出願:H22年2月19日)
  • 「ソボクを用いたメラニン生成抑制剤」,高野文英(発明者),(株)アルソア本社と共同出願,特願2010-175460(出願:H22年8月4日)

受賞歴

  • 1995年 12月 3日  
    日本薬学会東北支部奨励賞(和漢薬の免疫薬理学的作用研究の功績について