教員プロフィール

奈佐 吉久

奈佐 吉久 准教授

奈佐 吉久 准教授

文科系の視線で,理科系を学ぶ楽しさを見つけよう – より自由な発想を育てられる学生を目指そう -

“医療ビジネス”という新たな教壇で,過去の自分の何が役立ち,現在の自分に何が不足しているかを真っ先に考えた。医療(中途半端だった?)とビジネス(考えたこともない)の融合を旗印とする場である。答えは明確である。それならば目線を変えてみる。国家試験という大きな出口のハードルによっていささか窮屈となった薬学教育の枠から解放されて,考えること,学ぶことの持つ本来の大学教育の姿を取り戻すことに何ら躊躇する必要はない。理系の専門性と文系の教養を結びつけることからはじめて,経済だけではない,文学・歴史,小説や芸術,さまざまな趣味の領域までも含めて科学の目で眺めてみる。横書きの文章だけでなく,縦書きの書籍に触れる機会が増える。むしろ文科系の視線で,理科系を学ぶ意義を問い直すならばどうだろう。今以上に自由な発想が持てる,そんな中に新たなテーマを模索する。見つけたノウハウに,ビジネスというスパイスを乗じたとき,中途半端な理系人間だった自分に,果たして何が見えるのか。何となく高揚感がある,と言ったら不謹慎だろうか。文科系を目指してきた学生に,今の社会はこんな人材を必要としているから,という理由で理科系の教科を学ばせるのでは,些か消極的であろう。明確な答えを追求するのが理系であるならば,より広く,学生が挑戦したいと抱くものは,みんなやってみろ!と,そんなエールを送れるような場を提供していけたらと願う。

略歴

  • 旭川医科大学大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。岩城製薬株式会社医薬品開発研究部開発研究課、東京薬科大学薬学部助手、講師、助教授を経て現職。