教員プロフィール

川久保 弘

川久保 弘 教授

川久保 弘 教授

生命現象の活動の根本である有機化学を理解すれば立派な薬剤師になれます。

スポーツで優勝した時の歓喜に満ちた思い、コブクロのコンサートを聴いて心地良くなる気持ち、枯葉を見ては人恋しくなる切ない思い等々、このような人間の感情は生体内の分子間の有機化学の反応で説明できます。配合禁忌理由も有機化学で説明できます。有機化学を理解すれば、薬理、生化学等の学問もより深く理解できる様になります。私の研究室は生体内のペプチドを合成する為に、アミノ酸のカップリング反応を効率良く進行させる試薬の研究開発をしています。是非、私と一緒に有機化学を学び、医薬品に関して総合的に理解できる知識を身に付け、患者さんに適切にアドバイスができる心温かい薬剤師になりましょう。

略歴

  • 九州大学薬学部修士課程修了、薬学博士、株式会社旭化成ケミカルズ化薬事業部新規事業グループ 部長等の歴任を経て現職。

受賞歴

  • 九州山口支部有機合成協会奨励賞受賞 『生体内生理活性物質β-カルボリンからの抗不安薬AP化合物の分子設計』(1991年)
  • 日化協技術賞受賞 『蛋白リン酸化酵素阻害剤 塩酸ファスジルの創薬と企業化』(1996年)

学術論文

  • Facile Synthesis of Diethyl Azodicarboxylate and Diethylhydrazodicarboxylate via the Sequential Bromination and Hofmann-type Rearrangement of Ethyl Allophanate
    Hiromu Kawakubo,Tomoko Suzuki, Kazutaka Nishino, Futaba Hara, Tomoyoshi Takano, Yoshito Takebayashi, Masato Onodera, Aya Mitsui, Haruka Yahagi, Hiroyuki Takayama, Manabu Kuroboshi and Hideo Tanaka Synthetic Commun. 2015 45, 1068-1072

  • The effects of AP521, a novel anxiolytic drug, in three anxiety models
    and on serotonergic neural transmission in rats
    Ken-ichi Kasahara, Shinji Hashimoto , Tsuyoshi Hattori, Koh Kawasaki, Ryuichi Tsujita, Osamu Nakazono, Katsuyuki Takao, Hiromu Kawakubo, Tadashi Nagatani
    J. Pharmacol. Sci. 2015 127, 1, 109–116

  • Reduction of Phosphine Oxides to the Corresponding Phosphine Derivatives in Mg/Me3SiCl/DMI System Manabu Kuroboshi, Toshihito Kita, Asuka Aono, Toshimasa Katagiri, Seiya Kikuchi, Syoko Yamane, Hiromu Kawakubo, Hideo Tanaka Tetrahedron Lett. 2015 56,  918–920

  • Helical Peptide-Foldamers Having a Chiral Five-Membered Ring Amino Acid with Two Azido Functional Groups Makoto Oba,Hiroomi Takazaki,Naomi Kawabe,Mitsunobu Doi,Yosuke Demizu,
    Masaaki Kurihara,Hiromu Kawakubo,Masanobu Nagano,Hiroshi Suemune,
    and Masakazu Tanaka J.Org.Chem. 2014,79,9125-9140

  • Electroreduction of tetra-coordinate phosphonium derivatives; one-pot transformation of triphenylphosphine oxide into triphenylphosphine Kuroboshi, M.;Yano, T.; Kamenoue, S,;Kawakubo, H. ;Tanaka, H. Tetrahedron.,2011, 67, 5825-583.
  • TMSCl-Promoted Electroreduction of Triphenylphosphine Oxide to Triphenyl Phosphine Tanaka, H.; Yano, T.;Kobayashi, K.; Kamenoue, S.; Kuroboshi, M.; Kawakubo, H. SYNLETT.,2011, 4, 582-584.
  • Formal Total Synthesis of (-)-Oseltamivir Phosphate Tanaka, T.; Tan, Q.; Kawakubo, H. ; Hayashi, M.  Journal of Organic Chemistry.,2011, 76, 5477-5479.
  • Electroreduction of Triphenylphosphine Oxide to Triphenylphosphine in the Presence of Chlorotrimethylsilane  Kawakubo, H. ; Kuroboshi, M., Yano, T.; Kobayashi, K.; Kamenoue, S.;Akagi, T.; Tanaka, H.  SYNTHESIS.,2011, 24, 4091-4098.
  • Enzymatic Preparation of Enantiomerically Pure (1R,2R)- and (1S,2S)-2-Amino cyclohexanols Takada, H.; Takagi, S.; Kawakubo, H.  Bull.Chem.Soc.Jpn., 1994, 67, 1196-1197. 
  • (R)-1,2,3,4-Tetrahydro[1]benzothieno[2,3-c]pyridines: novel optically active compounds with strong 5-HT1A receptor binding ability exhibiting anticonflict activity and lessening of memory impairment Kawakubo, H. ; Takagi, S.; Yamaura, Y.; Katoh, S.; Ishimoto, Y.; Nagatani, T.;Mochizuki, D.; Kamata, T.; Sasaki, Y.  J. Med. Chem., 1993, 36(23), 3526-3532.
  • Potent anticonflict activity and lessening of memory impairment with a series of novel[1]benzothieno[2,3-c]pyridines and 1,2,3,4-tetrahydro[1]benzothieno[2,3-c] pyridines Kawakubo, H. ; Okazaki, K.; Nagatani, T.; Takao, K.; Hashimoto, S.; Sugihara, T.   J. Med. Chem.,1990, 33(11), 3110-3116.,

著書

  • 創薬化学の基礎となる先導物質の合成法 出版社 株式会社廣川書店 (1996年)
  • 事例・トラブル解決から理解する製剤・原薬合成別 スケールアップ 第3節爆発性を伴う反応(スケールアップ)における安全性評価の手法及び対策・デ-タ取得法(化合物及び化学プロセスの危険度評価と静電気対策) 出版社 株式会社情報機構(2009年)
  • Pharmaceutical Process Chemistry Chapter 18 363-380. Process Research with Explosive Reactions 出版社 STMS Books Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA (2011)

特許出願

  • 日本特許:56件出願
  • 外国特許:7件出願

総説

  • 業界別にみる化学装置の活用と設計 爆発性物質のスケールアップにおける安全性評価の手法および対策 出版社 株式会社日本工業出版(2011年)

国内学会発表

  • (1R,2R)-2-aminocyclohexanolの酵素分割によるプロセス開発 日本プロセス化学会2003 サマーシンポジウム招待講演 東京(2003年)
  • 爆発性反応を伴うプロセス開発 日本プロセス化学会2006 ウィンターシンポジウム招待講演 東京(2006年)
  • 爆発性反応を伴うプロセス開発 有機合成セミナー 「時代が要求する有機合成技術」招待講演 大阪(2007年)

海外学会発表

  • Hideo TANAKA, Tomotake YANO,Kazuma KOBAYASHI,Syogo KAMENOUE, Manabu KUROBOSHI, and Hiromu KAWAKUBO Me3SiCl promoted electroreduction of triphenylphosphine oxide to triphenylphosphine 219th Electrochemical Society Meeting Montreal, QC, Canada May 1-6 (2011)

学会活動

  • Organic Process Research & Developmentの審査委員