教員プロフィール

井上 裕子

井上 裕子 教授

井上 裕子 准教授

人間力の高い薬剤師をめざしましょう

薬剤師は患者さんにとって、身近でいながら頼りになる存在です。緑溢れるキャンパスで沢山学び、沢山経験してこれから迎える超高齢化社会のニーズに応えられる薬剤師を目指しましょう。また、最近の自然科学分野の進歩はめざましく、それに伴い、難治性疾患に対する新規の治療法も期待されています。シェーグレン症候群をはじめとした自己免疫疾患は有効な治療法が少なく、難治性疾患として知られていますが、これらの発症機構を解明する事で、新規の診断法や治療法の開発に関わっていきたいと考えています。

略歴

  • 医学博士
    星薬科大学卒、三菱化学ビーシーエル、東京医科歯科大学難治疾患研究所研究員、東京医科大学研究員、ニューヨーク大学医学部博士研究員、鶴見大学歯学部病理学講座准教授を経て現職

総説

  • 井上裕子、斎藤一郎 Aryl hydrocarbon受容体を介したEBウイルス再活性化とシェーグレン症候群 リウマチ科 2013、49: 202-210
  • 井上裕子、斎藤一郎 唾液分泌と機能性食品 医農連携と機能性食品 Functional Food、2011. 5: 57-62
  • 井上裕子、山本沙知、小原久美、山本健、梁洪淵、中川洋一、美島健二、斎藤一郎 シェーグレン症候群におけるダイオキシン類を介したEBウイルス再活性化機構の検討 消化器と免疫、2009.3

学術論文

  • Yamamura Y, Yamada H, Sakurai T, Ide F, Inoue H, Muramatsu T, Mishima K, Hamada Y, Saito I. Treatment of salivary gland hypofunction by transplantation with dental pulp cells. Archives of oral biology. 2013 inpress
  • Tsuboi H, Hagiwara S, Asashima H, Umehara H, Kawakami A, Nakamura H, Sano H, Tsubota K, Ogawa Y, Takamura E, Saito I, Inoue H, Nakamura S, Moriyama M, Takeuchi T, Tanaka Y, Hirata S, Mimori T, Matsumoto I, Sumida T. Validation of different sets of criteria for the diagnosis of Sjogren's syndrome in Japanese patients. Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association.23:219-225, 2013.
  • Mishima K, Inoue H, Nishiyama T, Mabuchi Y, Amano Y, Ide F, Matsui M, Yamada H, Yamamoto G, Tanaka J, Yasuhara R, Sakurai T, Lee MC, Chiba K, Sumimoto H, Kawakami Y, Matsuzaki Y, Tsubota K, Saito I. Transplantation of side population cells restores the function of damaged exocrine glands through clusterin. Stem Cells.30:1925-1937, 2012.
  • Inoue H, Mishima K, Yamamoto-Yoshida S, Ushikoshi-Nakayama R, Nakagawa Y, Yamamoto K, Ryo K, Ide F, Saito I. Aryl Hydrocarbon Receptor-Mediated Induction of EBV Reactivation as a Risk Factor for Sjogren's Syndrome. J Immunol.188:4654-4662, 2012.
  • Imai K, Inoue H, Tamura M, Cueno ME, Takeichi O, Kusama K, Saito I, Ochiai K. The periodontal pathogen Porphyromonas gingivalis induces the Epstein-Barr virus lytic switch transactivator ZEBRA by histone modification. Biochimie.94:839-846, 2012.
  • Inoue H, Giannakopoulos S, Parkhurst CN, Matsumura T, Kono EA, Furukawa T, Tanese N. Target genes of the largest human SWI/SNF complex subunit control cell growth. Biochem J.434:83-92, 2011.
  • Yamada T, Ryo K, Tai Y, Tamaki Y, Inoue H, Mishima K, Tsubota K, Saito I. Evaluation of therapeutic effects of astaxanthin on impairments in salivary secretion. J Clin Biochem Nutr.47:130-137, 2010.
  • Miyamoto S, Cooper L, Watanabe K, Yamamoto S, Inoue H, Mishima K, Saito I. Role of Retinoic Acid-Related Orphan Receptor-alpha in Differentiation of Human Mesenchymal Stem Cells along with Osteoblastic Lineage. Pathobiology.77:28-37, 2010.
  • Tsubota K, Nishiyama T, Mishima K, Inoue H, Doi T, Hattori Y, Kodama T, Higuchi A, Hayashi Y, Saito I. The role of fractalkine as accelerating factor on the autoimmune exocrinopathy in mice. Invest Ophthalmol Vis Sci.50:4753-4760. , 2009.
  • Tai Y, Inoue H, Sakurai T, Yamada H, Morito M, Ide F, Mishima K, Saito I. Protective Effect of Lecithinized SOD on Reactive Oxygen Species-Induced Xerostomia. Radiat Res.172:331-338, 2009.
  • Rummenie VT, Matsumoto Y, Dogru M, Wang Y, Hu Y, Ward SK, Igarashi A, Wakamatsu T, Ibrahim O, Goto E, Luyten G, Inoue H, Saito I, Shimazaki J, Tsubota K. Tear cytokine and ocular surface alterations following brief passive cigarette smoke exposure. Cytokine.43:200-208, 2008.
  • Matsumoto Y, Dogru M, Goto E, Sasaki Y, Inoue H, Saito I, Shimazaki J, Tsubota K. Alterations of the tear film and ocular surface health in chronic smokers. Eye.22:961-968, 2008.
  • Nishiyama T, Nakamura T, Obara K, Inoue H, Mishima K, Matsumoto N, Matsui M, Manabe T, Mikoshiba K, Saito I. Up-regulated PAR-2-mediated salivary secretion in mice deficient in muscarinic acetylcholine receptor subtypes. J Pharmacol Exp Ther.320:516-524, 2007.
  • Nishiyama T, Mishima K, Obara K, Inoue H, Doi T, Kondo S, Saka M, Tabunoki Y, Hattori Y, Kodama T, Tsubota K, Saito I. Amelioration of lacrimal gland inflammation by oral administration of K-13182 in Sjogren's syndrome model mice. Clin Exp Immunol.149:586-595, 2007.
  • Nishiyama T, Mishima K, Ide F, Yamada K, Obara K, Sato A, Hitosugi N, Inoue H, Tsubota K, Saito I. Functional analysis of an established mouse vascular endothelial cell line. J Vasc Res.44:138-148, 2007.

研究費の受入状況

  • 基盤研究(C):研究分担者  期間:2013〜2015年度  課題:ヒト歯髄細胞を用いた自己免疫性唾液腺炎の発症機構の解析と治療法の検討
  • 基盤研究(C):研究代表者  期間:2012〜2014年度  課題:EBウイルス由来小RNA EBERを介した自己免疫応答誘導の可能性の検討
  • 基盤研究(C):研究分担者  期間:2011〜2013年度  課題:唾液分泌障害に対するレスベラトロールの効果の検討
  • 基盤研究(C):研究分担者  期間:2011〜2013年度  課題:iPS細胞を用いた唾液腺細胞分化誘導法の確立
  • 基盤研究(B):研究分担者  期間:2011〜2013年度  課題:Sirt1分子による唾液分泌制御機構の解明
  • 基盤研究(C):研究代表者  期間:2009〜2011年度  課題:TLRを介したEBウイルスによる唾液腺障害機構の解明
  • 基盤研究(C):研究分担者  期間:2008〜2010年度  課題:唾液分泌障害患者の唾液を用いた生活習慣病関連遺伝子の解析
  • 基盤研究(C):研究分担者  期間:2008〜2010年度  課題:唾液腺side population細胞における幹細胞活性の検討
  • 基盤研究(B):研究分担者  期間:2008〜2010年度  課題:唾液分泌障害におけるクラステリンの治療効果
  • 基盤研究(C):研究分担者  期間:2008〜2010年度  課題:活性酸素を介した唾液分泌障害機序の解析とSODの予防的効果の検討
  • 基盤研究(C):研究代表者  期間:2007〜2008年度  課題:EBウイルス感染モデルマウスを用いた臓器特異的自己免疫疾患発症機構の解明

シンポジウム等

【シンポジウム】

  • 第21回日本シェーグレン症候群学会学術集会 2012年9月7日
    井上裕子 「シェーグレン症候群におけるaryl hydrocarbon受容体を介したEBウイルス再活性化機構の解明」 

【特別講演】

  • シェーグレン症候群セミナー 2009年5月23日
    「シェーグレン症候群におけるダイオキシン類を介したEBウイルス再活性化機構の検討」
  • 東京アンチエイジングアカデミー:アンチエイジング医学のサイエンス 2008年6月5日
    「ダイオキシン類におけるEBウイルス再活性化の検討」

受賞歴

  • 日本抗加齢医学会 優秀演題賞 2013年
    「カロリー制限による唾液分泌能改善効果の分子機構の解明」
  • 日本消化器免疫学会 優秀演題賞 2008年
    「シェーグレン症候群におけるダイオキシン類を介したEBウイルス再活性化機構の検討」