教員プロフィール

千葉輝正

千葉 輝正 助教

千葉 輝正

日本薬科大学で最幸の学生生活を!

薬学生にとっての6年間は,国家試験合格に向けて努力する時間であると共に,豊かな人間形成を行う大切な時期でもあると考えています.日本薬科大学でかけがえのない仲間を作り,知性と人間性を養って頂きたいと思います.長い学生生活では様々な悩みが出てきます.私は本学の第1期卒業生ですので,教員としてあるいは先輩として悩みを一緒に解決して,惻隠の心をもつ薬剤師の輩出に力を尽くしていきます.在学生,卒業生みんなで日本薬科大学をますます盛り上げていきましょう.

学術論文

  • Takumi Nagaoka, Sayako Hotta, Terumasa Chiba, Iku Utsunomiya, Hiide Yoshino, Chiaki Koshikawa, Kyoji Taguchi:IgG ANTI-GalNAc-GD1a antibodies bind to neuromuscular junctions of rat hemidiaphragm. Muscle and Nerve, 2012 Nov;46(5):705-10
  • Kazuyoshi Kawakami, Terumasa Chiba, Nobuyuki Katagiri, Maya Saduka, Kenji Abe,
    Iku Utsunomiya, Toshihiro Hama, Kyoji Taguchi:Paclitaxel Increases High Voltage–Dependent Calcium Channel Current in Dorsal Root Ganglion Neurons of the Rat. Jounal of Pharmacological Sciences, 2012 Oct;120(3):187-95
  • Rumi Sato, Shiho Imamoto, Iku Utsunomiya, Terumasa Chiba, Kyoji Taguchi, Kenji Abe, Keiko Tanaka, Tadashi Miyatake: Effect of sera from seronegative myasthenia gravis patients on neuromuscular junctions. Neurological Sciences, 2013 Oct; 34(10):1735-44
  • Tomomi Hara, Terumasa Chiba, Kenji Abe, Akiko Makabe, Souichi Ikeno, Kazuyoshi Kawakami, Iku Utsunomiya, Toshihiro Hama, Kyoji Taguchi: Effect of paclitaxel on transient receptor potential vanilloid 1 in rat dorsal root ganglion. Pain, 2013 Jun;154(6):882-9
  • Kanako Saitoh, Kenji Abe, Termasa Chiba, Nobuyuki Katagiri, Toshiaki Saitoh,
    Yoshie Horiguchi, Hiroshi Nojima, Kyoji Taguchi: Properties of 3-methyl-TIQ and
    3-methyl-N-propargyl-TIQ for preventing MPTP-induced parkinsonism-like symptoms
    in mice. Pharmacological Reports, 2013; 65(5): 1204-12
  • Ken Yamamoto, Noriko Chiba, Terumasa Chiba, Toshie Kambe, Kenji Abe, Kazuyoshi Kawakami, Iku Utsunomiya, Kyoji Taguchi: Transient receptor potential ankyrin 1 that is induced in dorsal root ganglion neurons contributes to acute cold hypersensitivity after oxaliplatin administration. Molecular pain, 2015 Nov; 11 (1): 69
  • Terumasa Chiba, Yusuke Oka, Toshie Kambe, Naoya Koizumi, Kenji Abe, Kazuyoshi Kawakami, Iku Utsunomiya, Kyoji Taguchi:Paclitaxel-induced peripheral neuropathy increases substance P release in rat spinal cord. European Jounal of Pharmacology, 2016 Jan; 770 (5): 46-51

海外および国際学会発表

  • Terumasa Chiba , Yoshinori Otani , Takuya Narushima , Yoshihide Yamaguchi , Kenji
    Tanaka , Kenji Sakimura , Hiroko Baba :Generation and analysis of PLD4-deficient
    Mouse, The 55 th Annual Meeting of the Japanese Society for Neurochemistry・The 11 th Biennial Meeting of the Asian Pacific Society for Neurochemistry. (2012).

国内学会発表

  • 趙 美眯, 脇 能広, 千葉 輝正, 荒井 祐次, 那須 彩乃, 渋市 郁雄, 李 智, 山田 静雄, 渡邉 泰雄. 各種疾患動物を用いたバナジウム含有天然水連続摂取による代謝異常改善作用に関する基礎医学的アプローチ, 第9回応用薬理シンポジウム (新宿)
    2007年9月
  • 千葉 輝正, 山本 健, 千葉 典子, 川上 和宣, 阿部 賢志, 宇都宮 郁, 星 恵子, 大澤 眞希子, 田口恭治. 抗がん剤オキサリプラチン誘発の冷感過敏に対する温度感受性イオ
    ンチャネルTRPA1の関与, 第4回日本緩和医療薬学会年会 (鹿児島) 2010年9月
  • 千葉 輝正, 阿部 賢志, 川上 和宣, 宇都宮 郁, 星 恵子, 濱 敏弘, 田口 恭治. 抗がん剤ビンクリスチン誘発による末梢神経障害に対する影響 -Transient Receptor Potential Vanilloid 1の検討-,日本薬学会131年会 (静岡) 2011年3月
  • 千葉 輝正, 川上 和宜, 阿部 賢志, 岡 裕介, 指田 博也, 宇都宮 郁, 濱 敏弘, 田口 恭治. ビンクリスチン誘発末梢神経障害モデルラットにおけるTRPV1の関与, 第5回日
    本緩和医療薬学会年会 (千葉) 2011年9月
  • 千葉 輝正, 原 朋美,川上 和宜,神戸 敏江,宇都宮 郁,阿部 賢志,濱 敏弘,田口 恭治. パクリタキセル投与により誘発される末梢神経障害とTRPV1の関与について, 第21回日本医療薬学会年会 (神戸) 2011年10月
  • 千葉 輝正, 川上 和宜, 阿部 賢志, 真壁 暁子, 滝沢 香奈, 神戸 敏江, 宇都宮 郁, 濱 敏弘, 田口 恭治. ビンクリスチン頻回投与による末梢神経障害とSubstance Pの検討, 日本薬学会 第132年会 (札幌) 2012年3月
  • 堀田 紗綾子, 長岡 匠, 千葉 輝正, 宇都宮 郁, 阿部 賢志, 田口 恭治. GalNAc-GD1a 及び GM1 のラット横隔膜における免疫組織化学的検討, 日本薬学会 第132年会 (札幌) 2012年3月
  • 真壁 暁子, 滝沢 香奈, 千葉 輝正, 川上 和宜, 阿部 賢志, 宇都宮 郁, 濱 敏弘, 田口 恭治. オキサリプラチン誘発末梢神経障害モデルラットにおけるTransient Receptor Potential の関与, 第6回日本緩和医療薬学会 (神戸) 2012年10月
  • 阿部 賢志, 真壁 暁子, 千葉 輝正, 神戸 敏江, 川上 和宜, 宇都宮 郁, 濱 敏弘, 田口 恭治. パクリタキセル誘発末梢神経障害モデルラットにおける transient receptor potential vanilloid 1 の関与, 第86回日本薬理学会年会 (福岡) 2013年3月
  • 千葉 輝正, 大谷 嘉典, 山口 宜秀, 田中 謙二, 﨑村 建司, 林 明子 馬場 広子. 発達段階の脳白質において活性化ミクログリアに発現するPLD4 の機能解析, 日本薬学会 第135年会 (神戸) 2015年3月

受賞歴

  • 日本薬学会第132年会 学生優秀発表賞