教員プロフィール

阿部 賢志

阿部 賢志 准教授

阿部 賢志 准教授

薬学部での勉強は,「薬」だけでは終わらない。

薬剤師は病院や薬局で患者さんに薬を提供する,あるいはドラッグストアで薬を売るのが仕事,と思っている人は多いと思います。しかし,薬剤師が専門家として薬を安全かつ効果的に提供するためには,「この薬では,このような症状がでることがあります」を説明するための病態生理に関する知識や,「本当に患者さんに適した薬なのか?」を判断するための学術的根拠など,様々な追加要素が必要であり,化学物質としての「薬」の勉強だけでは足りません。
皆さんが薬剤師として社会に出るときには,一緒に働く同僚や上司も薬剤師であることが多いでしょう。そんな専門家の中で,「日本薬科大の卒業生はひと味違うな!」と言われるような,幅広く深い知識を持ち,それを応用できる「デキる薬剤師」になれるよう,学生のニーズに合わせて全力でサポートします。

略歴

昭和薬科大学卒業後,製薬企業,奥羽大学薬学部講師を経て現職。博士(薬学)。

総説

  • Synthesis and neurotoxicity of tetrahydroisoquinoline derivatives for studying Parkinson's disease. Biol. Pharm. Bull. 28, 1355-1362, 2005.

学術論文

(過去3年間)
  • Abe M, Munakata H, Abe K, Saito T, Horiguchi Y, Nojima H, Taguchi K. Effects of 1-cyclohexyl- and 1-cyclohexyl-N-propargyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline on dopaminergic spontaneous discharge in nigral neurons of rats. Brain Res. Bull. 121: 201-208, 2016.
  • Yamamoto K, Tsuboi M, Kambe T, Abe K, Nakatani Y, Kawakami K, Utsunomiya I, Taguchi K. Oxaliplatin administration increases expression of the voltage-dependent calcium channel α2δ-1 subunit in the rat spinal cord. J. Pharmacol. Sci. 130: 117-122, 2016.
  • Chiba T, Oka Y, Kambe T, Koizumi N, Abe K, Kawakami K, Utsunomiya I, Taguchi K. Paclitaxel-induced peripheral neuropathy increases substance P release in rat spinal cord. Eur. J. Pharmacol. 770: 46-51, 2015.
  • Yamamoto K, Chiba N, Chiba T, Kambe T, Abe K, Kawakami K, Utsunomiya I, Taguchi K. Transient receptor potential ankyrin 1 that is induced in dorsal root ganglion neurons contributes to acute cold hypersensitivity after oxaliplatin administration. Mol Pain 11: 69, 2015.
  • Hotta S, Nagaoka T, Nakatani Y, Kambe T, Abe K, Masuda Y, Utsunomiya I, Taguchi K. Effects of IgM anti-Galnac-GD1a monoclonal antibody on neuromuscular transmission and calcium channel binding in the rat neuromuscular junction. J. Neurol. Neurophysiol. 6,1000275, 2015.
  • Chiba H, Sato H, Abe K, Saito T, Horiguchi Y, Nojima H, Taguchi K. Effects of 1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline derivatives on dopaminergic spontaneous discharge in substantia nigra neurons in rats. Pharmacology 95, 87-94, 2015
  • Sakashita Y, Abe K, Katagiri N, Kanbe T, Saitoh T, Utsunomiya I, Horiguchi Y, Taguchi K. Effect of psilocin on the extracellular dopamine and serotonin levels in the mesoaccumbens and mesocortical pathway in awake rats. Biol. Pharm. Bull. 38, 134-138, 2014.
  • Hotta S, Nakatani Y, Kanbe T, Abe K, Masuda Y, Utsunomiya I, Taguchi K. Effects of IgG anti-GM1 monoclonal antibody on neuromuscular transmission and calcium channel binding in the rat neuromuscular junction. Exp. Ther. Med. 10, 535-540, 2014.
  • Abe K, Kobayashi K, Yoshino S, Taguchi K, Nojima H. Withdrawal of repeated morphine enhances histamine-induced scratching responses in mice. Drug Chem. Toxicol. 4, 1-7, 2014.

海外および国際学会発表

  • Abe K,Ohkoshi E,Fujii Y,Ishikawa M,Nojima H. Cessation of repeated morphine enhance histamine- and serotonin-induced scratching responses in mice. 4th International Workshop for the Study of Itch, 2007.
  • Abe K,Itoh H,Yamazaki A,Ando T,Kuraishi Y,Nojima H. Electron microscopic study on sprouting of nerve fibers into epidermis of dry skin mice. 4th International Workshop for the Study of Itch, 2007.

国内学会発表

(過去3年間)
  • 松本夕佳里,阿部賢志,宇都宮郁,堀口よし江,田口恭治,野島浩史.腓腹神経結紮痛覚過敏モデルマウスにおける後根神経節の病理組織学的評価.日本薬学会第136年会,2016.
  • 石川里紗,阿部賢志,齋藤俊昭,神戸敏江,堀口よし江,野島浩史,田口恭治.MPTP誘発パーキンソン病様症状に対する1-MeTIQ誘導体の抑制作用 – 官能基による作用の変化 –.日本薬学会第136年会,2016.
  • 野島浩史,横谷祐輔,阿部賢志.マウスのかゆみ反応の飼育環境変化による影響.日本薬学会第136年会,2016.
  • 石川里紗,阿部賢志,齋藤俊昭,神戸敏江,堀口よし江,野島浩史,田口恭治.MPTP誘発パーキンソン病様症状に対する1-MeTIQ誘導体の抑制作用 - 三炭素官能基の付加による変化 -.生体機能と創薬シンポジウム2015.
  • 加藤のどか,宗像紘子,阿部賢志,宇都宮郁,田口恭治,野島浩史.腓腹神経結紮により誘発される痛覚過敏モデルマウスに対するコリン作動薬の鎮痛作用.日本薬学会第135年会,2015.
  • 宗像紘子,加藤のどか,阿部賢志,神戸敏江,齋藤俊昭,堀口よし江,野島浩史,田口恭治MPTP誘発パーキンソン病様症状に対する1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline誘導体の作用 – 官能基に関する検討 –.日本薬学会第135年会,2015.
  • 野島浩史,齋藤悠紀,宍戸海,阿部賢志.マウスの掻痒モデルを用いた六味丸エキスの鎮痒作用.日本薬学会第135年会,2015.
  • 日比彩円香,蒲田侑加子,神戸敏江,宇都宮郁,阿部賢志,田口恭治.パクリタキセル誘発末梢神経障害モデルラットにおける脊髄でのP2X4受容体の関与.第58回日本薬学会関東支部大会,2014.
  • 坪井真友子,中里友美,神戸敏江,宇都宮郁,阿部賢志,田口恭治.オキサリプラチン誘発末梢神経障害におけるCa2+チャネルサブユニットCaα2δ1の関与.第58回日本薬学会関東支部大会,2014.
  • 加藤のどか,宗像紘子,阿部賢志,堀口よし江,宇都宮郁,田口恭治,野島浩史.マウスの腓腹神経結紮モデルにおける痛覚過敏の評価.第58回日本薬学会関東支部大会,2014.
  • 坪井真友子,蒲田侑加子,滝沢香奈,神戸敏江,阿部賢志,川上和宜,宇都宮郁,濱 敏弘,田口恭治.Paclitaxelにより誘発される末梢神経障害と脊髄TRPV1の関与.日本薬学会第134年会,2014.
  • 中里友美,日比彩円香,岡 祐介,神戸敏江,阿部賢志,川上和宜,宇都宮郁,濱 敏弘,田口恭治.Paclitaxel誘発末梢神経障害モデルラットにおける脊髄でのmicroglia及びastrocytesの関与.日本薬学会第134年会,2014.
  • 阿部桃子,宗像紘子,阿部賢志,堀口よし江,齋藤俊昭,野島浩史,田口恭治ラット黒質ドパミン神経の自発発火に及ぼす1-cyclohexyl-および1-cyclohexyl-N-propargyl-TIQの影響.日本薬学会第134年会,2014.
  • 田口恭治,山本 健,千葉典子,坪井真友子,神戸敏江,宇都宮郁,阿部賢志.オキサリプラチン誘発末梢神経障害モデルラットの冷感過敏に対するTRPA1の関与.第87回日本薬理学会年会,2014.

 

著書

  • ファーマコセラピー -病態生理からのアプローチ- 第101章 鎌状赤血球,ブレーン出版(2009).
  • ファーマコセラピー -病態生理からのアプローチ- 第102章 薬物性の血液疾患,ブレーン出版 (2009).
  • ファーマシューティカルノート(第2版),5. 3 出血性疾患,医学評論社 (2010).
  • ファーマシューティカルノート(第2版),5. 4 凝固系疾患,医学評論社 (2010).