教員プロフィール

齋藤 俊昭

齋藤 俊昭 准教授

齋藤 俊昭 准教授

薬剤師最強の剣

ほとんど全ての薬は有機化合物です。また、薬が作用する我々人間や動物も有機化合物の集合体です。有機化学を学ぶ事は、薬や生命現象の根本を学ぶことであり、薬剤師最強の剣となります。医療は不確実性の高い行為であり、患者の予期せぬ問題に出くわします。医療現場で過去の知識では対応出来ない問題に直面した時、薬剤師がその解決策を提示する能力の基盤となるのが有機化学です。全ての基礎となる有機化学をしっかり学んで、骨太の薬剤師を目指しましょう。

略歴

【学歴】

  • 平成2年3月 昭和薬科大学薬学部薬学科 卒業(薬剤師免許取得)
  • 平成8年3月 昭和薬科大学大学院薬学研究科博士課程 修了 学位取得:博士(薬学)

 

【職歴】

  • 平成8年4月 昭和薬科大学薬品化学研究室 助手
  • 平成14年4月 昭和薬科大学薬品化学研究室 講師
  • 平成17年9月〜平成18年8月 オーストラリア タスマニア大学理工学部化学科(Brian Yates教授、計算化学)にて客員研究員として従事
  • 平成24年4月 青森大学薬学部医薬品化学研究室 准教授
  • 平成26年4月〜 現職

総説

  • Synthesis and neurotoxicity of tetrahydroisoquinoline derivatives for studying Parkinosn’s disease, Kenji Abe, Toshiaki Saitoh, Yoshie Horiguchi, Iku Utsunomiya, Kyoji Taguchi, Biol. Pharm. Bull., 28(8), 1355-1362 (2005).

学術論文

  • An Efficient and convenient synthesis of 4,5,6,7-tetrahydrothieno[3,2-c]pyridines by modified Pictet-Spengler reaction via a formyliminium ion intermediate, Michikazu Kitabatake, Aki Hashimoto, Toshiaki Saitoh, Takehiro Sano, Kunihiko Mohri, Yoshie Horiguchi, Heterocycles, 81(8), 1903-1921 (2010).
  • Properties of 3-methyl- and 3-methyl-N-propargyl-TIQ for preventing MPTP-induced parkisonism-like symptoms in mice, Kanako Saitoh, Kenji Abe, Terumasa Chiba, Nobuyuki Katagiri, Toshiaki Saitoh, Yoshie Horiguchi, Hiroshi Nojima, Kyoji Taguchi, Pharmacological Reports, 65, 1204-1212 (2013).
  • Effect of Psilocin on Extracellular Dopamine and Serotonin Levels in the Mesoaccumbens and Mesocortical Pathway in Awake Rats, Yuichi Sakashita, Kenji Abe, Nobuyuki Katagiri, Toshie Kambe, Toshiaki Saitoh, Iku Utsunomiya, Yoshie Horiguchi, and Kyoji Taguchi, Biol. Pharm. Bull., 38(1), 134-138 (2015).
  • Effects of 1,2,3,4-Tetrahydroisoquinoline Derivatives on Dopaminergic Spontaneous Discharge in Substantia Nigra Neurons in Rats, Hikari Chiba, Haruka Sato, Toshiaki Saito, Yoshie Horiguchi, Hiroshi Nojima, and Kyoji Taguchi, Pharmacology, 95, 87-94 (2015).

海外および国際学会発表

  • Synthesis and toxicity to PC12 cells of 1-alkyl-1,2,3,4- tetrahydroisoquinolines,Toshiaki Saitoh, Masami Ishikawa, Yoshie Horiguchi, Takehiro Sano, Masanao Nakatani, Seiichiro Shimazu, Noriyuki Sato, Fumio Yoneda, 18th International congress of heterocyclic chemistry (Yokohama),平成13年7月.
  • A facile synthesis of 1-substituted isoindolines by trifluoroacetic acid-catalyzed Pictet-Spengler reaction,Yoshie Horiguchi, Michikazu Kitabatake, Toshiaki Saitoh, 22th International congress of heterocyclic chemistry (Sicilia),平成17年8月.
  • A new approach to provide a special support drug information for the patients with impaired vision by using Sound Pronunciation System,Toshiaki Saitoh,Kazuki Kushida, Haruyasu Kido, Hisataka Nishijjima, Hisako Kanazawa, Kaori Miyazawa, Shigeru Ikuta, Yuji Hanzawa, World congress of pharmacy and pharmaceutical science 2007 67th Congress of FIP (Beijing),平成19年9月.

国内学会発表

  • 4-Oxyquinolinequinone類とisopreneのDiels-Alder反応における位置選択性の計算化学的解析,齋藤俊昭,藤田健司,堀口よし江,第51回日本薬学会東北支部大会(青森),平成24年10月.
  • 在宅医療における情報共有—医薬品情報から医療情報へ−,串田一樹,齋藤俊昭,第51回日本薬学会東北支部大会(青森),平成24年10月.
  • ラット黒質ドパミン神経の自然発火に及ぼす1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline誘導体の影響,佐藤遥香,千葉 光,阿部賢志,堀口よし江,齋藤俊昭,北畠道和,野島浩史,田口恭治,日本薬学会第133年会(横浜),平成25年3月.
  • MPTP誘発パーキンソン病様症状に対する3-methyl-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline誘導体の作用,齋藤 可奈子,片桐伸幸,阿部賢志,堀口よし江,齋藤俊昭,宇都宮郁,野島浩史,田口恭治,日本薬学会第133年会(横浜),平成25年3月.
  • ラット黒質ドパミン神経の自発発火に及ぼす1-cyclohexyl-および1-cyclohexyl-N-propargyl-TIQの影響,阿部桃子,宗像紘子,阿部賢志,堀口よし江,齋藤俊昭,野島浩史,田口恭治,
  • MPTP誘発パーキンソン病様症状に対する1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline誘導体の作用—官能基に関する検討,宗像紘子,加藤のどか,阿部賢志,神戸敏江,齋藤俊昭,堀口よし江,野島浩史,田口恭治,日本薬学会第134年会(熊本),平成27年3月.

著書

  • 佐野武弘,斉藤俊昭,堀口よし江,中野博人,宮田興子,内藤猛章,前崎直容,山内昌茂,北川幸己,西出喜代治,“パートナー医薬品化学”,佐野武弘,内藤猛章,堀口よし江編,南江堂,東京,2008年4月.
  • 佐野武弘,斉藤俊昭,堀口よし江,中野博人,宮田興子,内藤猛章,前崎直容,山内昌茂,北川幸己,西出喜代治,“パートナー医薬品化学 改訂第二版”,佐野武弘,内藤猛章,堀口よし江編,南江堂,東京,2012年2月.