教員プロフィール

立花 研

立花 研 講師

立花 研 講師

病気の治療だけでなく、予防にも貢献できる薬剤師に!

薬学部が6年制となり、これまで以上に医療への貢献が求められるようになりました。日本はこれまでに経験したことのない高齢社会に突入しており、健康な生活を送るために病気の予防が重要になってきています。薬学では薬を学ぶだけでなく、食品衛生・環境衛生を通じた病気の予防についても学びます。薬学部で幅広い知識を習得し、疾病の治療だけでなく、健康な生活を送るための予防医学・予防薬学に貢献できる薬剤師を目指しましょう。
私は、環境中に存在する物質、特に微小粒子状物質の生体影響について研究をしています。微小粒子が体内に入ると血流に乗って全身の様々な場所に運ばれ、様々な生体影響を及ぼします。微小粒子に対して身体がどのように反応するのか、体質がそのように変化するのか、という観点から生体影響のメカニズムを明らかにし、その影響を回避する方法につなげていきたいと考えています。

略歴

  • 博士(薬学)。東京理科大学大学院薬学研究科博士後期課程修了。山形大学医学部 助教、東京理科大学薬学部 助教、東京理科大学総合研究機構 助教を経て現職。

総説

  • 立花研,富山新太,北中千史:癌細胞自殺の仕組み.検査と技術 35(10):981−983,2007.
  • 立花研,北中千史:オートファジーと細胞死.蛋白質核酸酵素
    51:1519−1524,2006.
  • 北中千史,立花研:腫瘍における細胞死の分子機構.脳神経外科速報 15:1123−1131,2005.

学術論文

  • Okada Y, Tachibana K (corresponding author), Yanagita S, Takeda K: Prenatal exposure to zinc oxide particles alters monoaminergic neurotransmitter levels in the brain of mouse offspring. J. Toxicol Sci. 38: 363-370 (2013)
  • Tanaka T, Okada M, Hozumi Y, Tachibana K, Kitanaka C, Hamamoto Y, Martelli AM, Topham MK, Iino M, Goto K: Cytoplasmic localization of DGKzeta exerts a protective effect against genotoxicity by regulating p53. J. Cell Sci.: 126, 2785-2797 (2013)
  • Sato A, Sunayama J, Matsuda K, Seino S, Suzuki K, Watanabe E, Tachibana K, Tomiyama A, Kayama T, Kitanaka C: MEK-ERK signaling dictates DNA-repair gene MGMT expression and temozolomide resistance of stem-like glioblastoma cells via the MDM2-p53 axis. STEM CELLS 29: 1942−1951 (2011)
  • Sunayama J, Sato A, Matsuda K, Tachibana K, Watanabe E, Seino S, Suzuki K, Narita Y, Shibui S, Sakurada K, Kayama T, Tomiyama A, Kitanaka C: FoxO3a functions as a key integrator of cellular signals that control glioblastoma stem-like cell differentiation and tumorigenicity. STEM CELLS 29:1327−1337 (2011)
  • Tomiyama A, Tachibana K, Suzuki K, Seino S, Sunayama J, Matsuda KI, Sato A, Matsumoto Y, Nomiya T, Nemoto K, Yamashita H, Kayama T, Ando K, Kitanaka C: MEK-ERK-dependent multiple caspase activation by mitochondrial proapoptotic Bcl-2 family proteins is essential for heavy ion irradiation-induced glioma cell death. Cell Death Dis. 1: e60 (2010)
  • Sunayama J, Sato A, Matsuda K, Tachibana K, Suzuki K, Narita Y, Shibui S, Sakurada K, Kayama T, Tomiyama A, Kitanaka C: Dual blocking of mTor and PI3K elicits a prodifferentiation effect on glioblastoma stem-like cells. NEURO-ONCOLOGY 12: 1205−1219 (2010)
  • Sunayama J, Matsuda K, Sato A, Tachibana K, Suzuki K, Narita Y, Shibui S, Sakurada K, Kayama T, Tomiyama A, Kitanaka C: Crosstalk between the PI3K/mTOR and MEK/ERK pathways involved in the maintenance of self-renewal and tumorigenicity of glioblastoma stem-like cells. STEM CELLS 28: 1930−1939 (2010)
  • Sato A, Sunayama J, Matsuda K, Tachibana K, Sakurada K, Tomiyama A, Kayama T, Kitanaka C: Regulation of neural stem/progenitor cell maintenance by PI3K and mTOR. NEUROSCIENCE LETTERS 470: 115−120 (2010)
  • Mouri W, Tachibana K (co-first author) , Tomiyama A, Sunayama J, Sato A, Sakurada K, Kayama T, Kitanaka C: Downregulation of Ras C-terminal processing by JNK inhibition. Biochem Biophys Res Commun 371: 273−277 (2008)
  • Tomiyama A, Serizawa S, Tachibana K, Sakurada K, Samejima H, Kuchino Y, Kitanaka C: Critical role for mitochondrial oxidative phosphorylation in the activation of tumor suppressors Bax and Bak. J Natl Cancer Inst 98: 1462−1473 (2006)
  • Tachibana K, Takeda K, Shiraishi M: 5-Aza-2'-deoxycytidine reactivates the CDH1 gene without affecting the entire CpG island methylation and histone modification in a human cancer cell line. Proc Jpn Acad Ser.B 80: 342−348 (2004)
  • Tani M, Ito J, Nishioka M, Kohno T, Tachibana K, Shiraishi M, Takenoshita S, Yokota J: Correlation between histone acetylation and expression of the MYO18B gene in human lung cancer cells. Genes Chromosomes Cancer 40: 146−151 (2004)
  • Shimizu T, Sato K, Suzuki T, Tachibana K, Takeda K: Induction of plasminogen activator inhibitor-2 is associated with suppression of invasive activity in TPA-mediated differentiation of human prostate cancer cells. Biochem Biophys Res Commun 309: 267−271 (2003)
  • Koizume S, Tachibana K, Shiraishi M: Treatment of tumor cells with histone deacetylase inhibitors results in altered recruitment of methyl-CpG binding proteins to a methylated CpG island. Biol Chem 384: 787−790 (2003)
  • Koizume S, Tachibana K, Sekiya T, Hirohashi S, Shiraishi M: Heterogeneity in the modification and involvement of chromatin components of the CpG island of the silenced human CDH1 gene in cancer cells. Nucleic Acids Res 30: 4770−4780 (2002)
  • Tachibana K, Shimizu T, Tonami K, Takeda K: Staurosporine enhances the expression of tissue inhibitor of metalloproteinase-1 in human prostate cancer cells. Biochem Biophys Res Commun 295: 489−494 (2002)
  • Shimizu T, Takahashi N, Tachibana K, Takeda K: Complex regulation of CDK2 and G1 arrest during neuronal differentiation of human prostatic cancer TSU-Prl cells by staurosporine. Anticancer Res 21 (2A): 893−898 (2001)

海外および国際学会発表

  • Ken Tachibana, Toshifumi Kojima, Noriko Kuroiwa, Tamae Yuasa, Masakazu Umezawa, Ken Takeda: Effects of Prenatal Exposure to TiO2 Nanoparticles on the miRNA expression levels in mouse embryo, The 6th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health, Nagoya, Oct. 2013.
  • Ken Tachibana, Yuta Takahashi, Noriko Kuroiwa, Taro Oba, Masakazu Umezawa, Ken Takeda: Effects of prenatal exposure to titanium dioxide nanoparticles on dopaminergic systems in mice. Nanotoxicology 2012, China, Sep. 2012.
  • Ken Tachibana, Kohei Takayanagi, Ayame Akimoto, Koji Ueda, Yusuke Shinkai, Ken Takeda: Prenatal exposure to diesel exhaust affects central nervous system of offspring in mice. 1st International Postgraduate Conference on Pharmaceutical Sciences 2012, Malaysia, Jun. 2012.
  • Yuka Okada, Takanori Shinotsuka, Ken Tachibana, Ken Takeda: Effects of prenatal exposure to zinc oxide nanoparticles on monoaminergic systems in mice. Nanotoxicology 2010, Edinburgh, Jun. 2010.

国内学会発表

  • 立花研、高柳皓平、秋本純芽、上田剛司、新海雄介、梅澤雅和、武田健:ディーゼル排ガス胎仔期曝露により脳に生じるDNAメチル化異常の解析 日本薬学会第134年会、熊本、2014年3月
  • 上田剛司、立花研、高柳皓平、秋本純芽、新海雄介、武田健:ディーゼル排ガス胎仔期曝露によるDNAメチル化状態の網羅的解析、フォーラム2013衛生薬学・環境トキシコロジー、福岡、2013年9月
  • 小島稔郁、立花研、黒岩法子、新海雄介、武田健、妊娠期の酸化チタンナノ粒子曝露による胎盤のマイクロ RNA 発現量の変動の解析、第5回日本RNAi研究会、広島、2013年8月
  • 湯浅珠恵、立花研、小島稔郁、武田健、妊娠期の酸化チタンナノ粒子曝露による羊水中マイクロ RNA 発現変動の解析、第5回日本RNAi研究会、広島、2013年8月
  • 秋本純芽、立花研、高柳浩平、上田剛司、新海雄介、武田健:ディーゼル排ガス胎仔期曝露が DNA メチル化に与える影響の網羅的解析.フォーラム2012 衛生薬学・環境トキシコロジー,名古屋,2012年10月
  • 小平伊織,立花研,夘月諒,黒岩法子,新海雄介,武田健:血中マイクロRNAをバイオマーカーとする粒子状物質の新規安全性評価手法開発の試み.第4回日本RNAi研究会,広島,2012年8月
  • 夘月諒,立花研,小平伊織,黒岩法子,新海雄介,武田健:ディーゼル排ガス成獣期曝露による肺、心臓、肝臓のマイクロRNA発現変動解析.第4回日本RNAi研究会,広島,2012年8月
  • 小島稔郁,立花研,黒岩法子,新海雄介,武田健:妊娠期の酸化チタンナノ粒子曝露による胎仔、胎盤のマイクロRNA発現量の変動の解析.第4回日本RNAi研究会,広島,2012年8月
  • 立花研,高柳皓平,秋本純芽,新海雄介,武田健:ディーゼル排ガス胎仔期曝露によるDNAメチル化異常の網羅的解析.日本薬学会第132年会,北海道,2012年3月
  • 黒岩法子,立花研,小平伊織,新海雄介,武田健:血中miRNA を利用したナノ粒子の次世代健康影響評価系の検討.第3回日本RNAi研究会,広島,2011年8月
  • 小平伊織,立花研,黒岩法子,新海雄介,武田健:血中マイクロRNA をバイオマーカーとする化学物質の新規安全性評価手法開発の試み.第3回日本RNAi研究会,広島,2011年8月
  • 高柳皓平,立花研,秋本純芽,新海雄介,武田健:胎仔期にディーゼル排ガスに曝露されたマウスにおけるDNAメチル化状態の網羅的解析.日本薬学会第131年会,静岡,2011年3月
  • 大庭太郎、岡田悠佳、高橋雄大、黒岩法子、水尾圭祐、立花研、武田健:酸化チタンナノ粒子胎仔期曝露がドパミン神経系に及ぼす影響,日本薬学会第130年会,岡山,2010年3月
  • 岡田悠佳、高橋雄大、篠塚崇徳、立花研、武田健:酸化亜鉛ナノ粒子胎仔期曝露がドパミン神経系に及ぼす影響.日本薬学会第130年会,岡山,2010年3月
  • 高橋秀明,竹田彰宏,新海雄介,入江美代子,鈴木健一郎,立花研,田畑真佐子,武田健:酸化チタンナノ粒子の胎仔期曝露がマウス脂肪組織に与える影響評価.日本薬学会第130年会,岡山,2010年3月

研究費の受入状況

[研究代表者]

  • 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(C):「ディーゼル排ガスにより次世代の神経幹細胞に生じる機能障害とDNAメチル化異常」 4,300千円 (2012-2014)
  • 文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B):「ディーゼル排ガス胎仔期曝露による脳機能障害に関わるDNAメチル化異常の網羅的解析」 3,100千円 (2010-2011)
  • 笹川科学研究助成:「血中マイクロRNAを利用した新規毒性評価系の確立-化粧品に含まれる酸化チタンナノ粒子の次世代への影響を対象として-」 800千円 (2010)
  • 文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B):「Ras依存的non-apoptoticプログラム細胞死の制御に関わる分子機構」 3,500千円 (2006-2007)

[研究分担者]

  • 財団法人自動車研究所 大気環境の改善と健康影響に関する調査研究:「ディーゼル排ガス胎仔期曝露により仔の神経幹細胞に生じるDNAメチル化異常の解析」 (2013)
  • 厚生労働科学研究費補助金:「ヒトへの外挿を目指したナノマテリアルの健康影響評価手法の開発」 (2012-2014)
  • 財団法人自動車研究所 大気環境の改善と健康影響に関する調査研究:「ディーゼル排ガス胎仔期曝露により仔の脳神経系に生じるDNAメチル化異常の経時的変化と脳機能に及ぼす影響の解析」 (2012)
  • 文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業:「環境と次世代健康科学-疾患原因解明と予防に向けた先進的研究」 (2011-2014)
  • 財団法人自動車研究所 大気環境の改善と健康影響に関する調査研究:「ディーゼル排ガス胎仔期曝露により仔の脳神経系に生じるDNAメチル化異常の網羅的解析」(2011)
  • 厚生労働科学研究費補助金:「ナノマテリアルの健康影響の評価手法に関する総合研究」(2010)
  • 財団法人自動車研究所 ディーゼル排ガスの健康影響に関する研究:「ディーゼル排ガス胎仔期曝露によるDNAメチル化異常の解析-脳神経系への影響について」(2010)

著書

  • 立花研:小さなRNAから環境化学物質と次世代の健康を考える.科学フォーラム30(6):18-21 (2013)
  • 武田健、立花研:スタンダード薬学シリーズ5 健康と環境(第2版):193-198 (2012)
  • 立花研:本学とマレーシアのMARA大学との交流 -iPoPS2012-.科学フォーラム29(10):44-45 (2012)
  • 立花研:DNA配列に無関係な遺伝子発現調節.科学フォーラム28(1):42−46 (2011)
  • 立花研:高濃度エストロゲン曝露により生じるDNAメチル化異常.ファルマシア 44(12):1212-1213 (2008)
  • 根岸和雄,立花研,白石昌彦:核酸の塩基特異的化学反応.生物薬科学実験講座 核酸Ⅰ核酸の合成と分析(杉浦幸雄編) 206-221 (2004)

社会活動

  • 日本薬学会代議員(平成25年2月~)
  • 日本薬学会ファルマシアトピックス小委員会委員(平成22年4月~平成25年3月)
  • 日本RNAi研究会役員(平成21年8月~)

受賞歴

  • 6th International Conference on Nanotoxicology. Best Poster Award, Sep, 2012.