卒業生の声

卒業生の声[医療ビジネス薬科学科]

卒業生の声

 

卒業生の声
田村 淑人さん

名  前:田村 淑人
卒業年/学部 :2015年/医療ビジネス薬科学科
企 業 名 :わかもと製薬株式会社
出身高校:東京都 私立立志舍高等学校 出身

私は「医療ビジネス薬科学科」に入学し、医療について学ぶ中でMRという職種を知りました。

MRの主な活動は、生命関連物質である医薬品情報の(提供、収集、伝達)を行います。そのためMRには「高い倫理観、医薬学に関する知識、高度なコミュニケーション能力」その他多くのスキルが必要です。私はMRという職種が常に自分自身を成長させる職種であるということに大変魅力を感じたため、MRになりたいと決心しました。
私が働く企業は、医療用眼科用剤に特化した会社であり、多くの先輩方がMRとして全国で活躍しております。
MRになるためにはMR研修という研修を受ける必要があります。この研修で学ぶ内容は「医療ビジネス薬科学科」で学ぶことができ、さらに在学中に薬学の基礎と併せてコミュニケーションスキルなども学ぶことができます。医療業界において「医療ビジネス薬科学科」で学ぶ内容は多くのメリットがあり、大学で学んだことを「医療業界」で活かすことができます。

 

卒業生の声
平林 裕喜さん

名  前:平林 裕喜
卒業年/学部 :2015年/医療ビジネス薬科学科
企 業 名 :JA長野厚生連 篠ノ井総合病院
出身高校:長野県立篠ノ井高等学校 出身

私は、医療ビジネス薬科学科の第一期生として卒業し、4月から、篠ノ井総合病院で働いています。大学在学中に取得した診療情報管理士の資格もあり、診療情報管理課に配属されました。初年度は、医療制度や病院全体の業務の流れを学ぶために、医事課で診療会計や精算業務、レセプトについて学ぶ予定です。覚えることが多く大変な毎日が続いていますが、同期や先輩にも恵まれ、充実した日々を送ることができています。

 

卒業生の声
時田 直宗さん

名  前:時田 直宗
卒業年/学部 :2015年/医療ビジネス薬科学科
企 業 名 :株式会社三祐産業 稲垣薬局
出身高校:新潟県立五泉高等学校

子供の頃から医療に興味がありましたが、薬や疾病、ヘルスケアなどとともに、それらを巡るビジネスについてもトータルな視点で学ぶことができる点に魅力を覚え、日本薬科大学医療ビジネス薬科学科に進みました。就職活動を始めた時、キャリア推進室から現在私が勤務している稲垣薬局を紹介されました。首都圏に広がるネットワークの下、患者様との継続的な触れ合いを大切に地域密着型の医療サービスを展開している企業です。会社訪問の中で、患者様に合った対応に努める社員の姿勢を見て、誰もがいきいきと働けるアットホームな社内の雰囲気や企業文化に触れ、入社意欲が大きく膨らんだことを思い出します。
私たち医療事務は、データ入力やレセプト処理などの専門的な業務を行いながら、処方箋をお預かりしたり、アンケートの記入をお願いするなど、患者様と接する機会がとても多い仕事です。お話をしている中で薬剤師に伝える必要を感じたら、すぐに報告し薬剤師の服薬指導時に活かしてもらっています。また、患者様によっては、足が悪い方、耳が遠い方など様々な方がいらっしゃるので、状態を見ながらその方にあった接し方をするように常に心がけています。こういった仕事を行う上では、日本薬科大学で学んだ医療の専門知識と広い視野に加えて「医療人としてのホスピタリティ」が必要不可欠だと思います。
現在勤務している薬局は、郊外の住宅地にある中規模の店舗ですが、それぞれの患者様に配慮した応対や商品知識などの仕事の基本を学んでいるところです。日々の仕事を通じた実践者としての学びは密度が濃く、大学で学んだことをさらに深く理解できるようになりました。最近、「この仕事は、一生勉強だ」という先輩のアドバイスの意味が、より深く実感できるようになりました。数年後には大型店などでまた別の経験もしていきたいと思っています。