高校・予備校の先生方へ

出張講義

出張講義

出張講義について

日本薬科大学では、高校生の皆さんを対象とした、「出張講義」を実施しております。薬学を学ぶことの楽しさを実感していただくために、一覧に示したテーマについて本学教員が講義いたします。
この取組みは、あくまでも大学の講義を高校生の皆さんに体験していただくためのものであり、大学説明や入試説明中心の進学説明会ではありません。

 ○授業の一コマなどにご活用ください。受講生の人数・学年は問いません。
 ○講義並びに講師派遣にかかる費用は一切ございません。
 ○実施日時や講義内容等は、ご相談の上で決定させていただきます。
 ○派遣講師の日程調整のため、お申込は出張講義希望日の約1ヶ月前までにお願いいたします。
 ○講義時間は、貴校の計画に合わせて調整いたします。

出張講義のお申込方法

希望される講義テーマをお選びいただき「出張講義申込書」に必要事項を記入の上、日本薬科大学広報部門まで、電話又はFAX、メールにてお申込下さい。受け付け次第連絡させていただき、出張講義の日程等の調整をさせていただきます。また、実験を伴う講義については、理科室等の施設を使用させていただくことがあります。詳細はお問い合わせください。
講義テーマにつきましては、時機に即した題材など、一覧以外のテーマについても対応いたしますので、ご希望がございましたらお申し付け下さい。
また、「薬物乱用防止」に関する講義も承りますので、あわせてご検討ください。

お問い合せ先

〒362-0806
[住  所]埼玉県北足立郡伊奈町小室10281 日本薬科大学 広報部門
[連絡先]フリーダイヤル:0120-71-2293 TEL:048-721-1155 FAX:048-721-6718
[担  当]田坂 E-mail:tasaka@nichiyaku.ac.jp

講義テーマ一覧

注目の話題!
安西 和紀教授
井上 俊夫准教授
土田 和徳准教授
村橋 毅准教授
原口 一広教授
小林 力教授
医療ビジネス
有末友三子助手
雨谷 栄教授
小林 賢教授
新木 敏正教授
村井 保之准教授
栄養・健康・予防
齋藤 博准教授
中島 孝則教授
樋口 敏幸教授
井上 裕子教授
薬剤師の仕事
松田 佳和教授
藤原 邦彦教授
自然が生み出す薬
安田 高明准教授
高野 文英教授
船山 信次教授
薬と病気
河村 剛至准教授
櫻田 誓教授
佐藤 卓美教授
林 泉教授
実験がある講義
荒井 健介准教授
#テーマにつきましては、このほか時機に即した題材や薬物乱用防止に関するテーマについても対応させていただきますので、ご希望がございましたらお問い合わせください。

各講義のご紹介

身近な放射線の話
物理系薬学分野・教授 安西 和紀
(前 放射線医学総合研究所チームリーダー)
私たちはこれまで放射線という言葉は知っていても、それを身近なものだとは考えていませんでした。しかし、福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、放射線は身近なものになりました。とはいっても、私たちは放射線についてどれだけ知っているのでしょうか?テレビや新聞の報道に接したとき時、それを正しく理解することが、今求められています。放射線は目に見えません。匂いや音もないのです。しかし、体に良くない事だけが言われます。本当はどうなのでしょう?放射線を、むやみに怖がっていませんか?人間は不安になると、偏った側面にのみ目がいきがちです。この講演では、身近になった放射線を正しく理解するための基礎をわかりやすくお話しします。
試験勉強を薬学の視点で斬る!
生命医療薬学分野/医療ビジネス薬科学科・准教授 井上 俊夫
中間試験、期末試験、模擬試験、大学入試そして就職試験。皆さんが社会に出るまでには、実に様々な試験が待ち構えています。
もちろん、皆さんはしっかり勉強し、体調を整えて試験に挑んでいることと思いますが、時には一夜漬けしたり、風邪や花粉症で薬を服用しながら勉強したり試験を受けた経験はありませんか?
勉強や試験に影響を与える医薬品、一夜漬けが試験に与える影響、さらに地道な勉強は本当に有効なのかといった様々な疑問に対して、実験動物を使った最新の研究データを駆使して皆さんにわかりやすく解説します。
理系なら知っておきたい化学の基本
物理系薬学分野・准教授 土田 和徳
医薬品を学ぶ上で基本となるのは、化学的な性質を理解することです。化学を理解するためには、根本的なことがつながるようストーリーをつくることが重要です。
なぜ電子対をつくらない場合があるのか、なぜ希ガスの電子配置は安定なのか・・・等々です。
この授業では、高校化学で学んだ原子の構造と電子配置や周期律を復習しながら、「電子のふるまい」や「プラスとマイナスの引力」でみた大学の化学を紹介します。
地球環境問題を考える
健康生命科学分野・准教授 村橋 毅
人類は産業革命以来、環境を汚染し続けて様々な公害を引き起こしてきた。先進国では汚染を防止する法的規制を行い、大気や水はきれいになった。ところが、化石燃料を燃やすことによりできる二酸化炭素が地球を暖めることにより、生態系が変化している。
地球環境の「今」を考えてみましょう。
化学の力でウイルスを撃退する
薬品創製化学分野・教授 原口 一広
最近、新聞やニュースで「ウイルス」という言葉がよく登場すると思いませんか。人類の歴史はウイルスとの戦いの歴史でもあります。19世紀初頭のスペイン風邪では地球上の五億人の人が感染し、少なくとも二千五百万人以上が死亡しました。また、皆さんはエイズ(後天性免疫不全症候群)、SARS(重症急性呼吸器症候群)、トリインフルエンザをご存知ですか?これらの感染症は新しいタイプに変異したウイルスによって引き起こされます。ウイルスは自分の子孫を作り出す時に、ヒトには無い酵素を利用します、人類はこのウイルス固有の酵素を阻害するお薬を開発し、ウイルスとの戦いを続けてきましたが、ウイルスは変異と言う巧妙な手口を使って、これらのお薬に対抗してきます。したがいまして、これからもヒトと新種のウイルスとの戦いは続くでしょう。核酸化学という道具を用いて、エイズウイルスを撃退するお薬の開発秘話を皆さんに紹介致します。
セレンディピティと医学の発展
生命医療薬学分野・教授 小林 力
セレンディピティとは、誰もが見過ごしてしまう小さな、ありふれた現象を大発見に結びつける能力のことを言います。セーターにくっつく草の実をヒントに生まれたマジックテープや、接着剤の失敗作から生まれたポストイットは有名ですが、医学薬学の発展にもセレンディピティはたくさんあります。カビの周りに細菌が繁殖しないことからペニシリンを見つけたフレミング、ある染料がヒトの細胞を染めずに細菌だけを染めることから梅毒薬サルバルサンに到達したエールリヒ。化学兵器の毒作用に着目して抗がん剤を開発したアメリカの研究者たち。大発見をする研究者には必須の能力といえましょう。
これからの医療を支える仕事
~診療情報管理士、登録販売者~
医療ビジネス薬科学科・助手 有末 友三子
日本は今、かつてない勢いで少子高齢化が進んでおり医療費の増加が社会問題となっています。
その医療費の無駄を省くために活躍するのが、診療録を加工、分析、編集し活用できる『診療情報管理士』です。
また、増加する医療費を抑えるために「セルフメディケーション社会」が推進されており、そのセルフメディケーション推進に欠かせない職業が『登録販売者』です。これからの医療を支えるこれらの資格についてわかりやすく説明します。
知れば知るほどフシギな漢方薬!?
医療ビジネス薬科学科・学科長・教授 雨谷 栄
温故知新!漢方薬は古くさい、あるいは非科学的と思われる方がいらっしゃるかもしれません。でも、現実に漢方薬は医療の現場でたくさん使用され、西洋医学で治らない病気にも効果を示しています。さらに漢方薬で治療して欲しいと願う患者さんもたくさんいます。まさに古くて新しい21世紀の薬です。
漢方薬の基本的な考え方をご紹介しながら漢方薬のすばらしさを理解していただき、身体のバランスを整えることにより病気を治療する漢方薬をより身近に感じていただこうと思っています。
試して実感!サプリメントでもっとプリプリなお肌に
薬学教育センター・教授 小林 賢
皮膚には、紫外線から守るためのしくみが備えられています。最も強力な防御は、メラニン色素で、DNAへのダメージを少なくする作用があります。
紫外線は、コラーゲンなどの線維を破壊し、それがシワの原因となります。また、表皮が破れるとメラニン色素が表皮に沈着し、シミやそばかすの原因となります。
紫外線により生じたシミやシワなどの肌トラブルの対策を、スキンケアと体内からのケアの両面からお話します。
お化粧はグローバル社会の予防薬
薬学教育推進センター・教授 新木 敏正
440万年前、私達の祖先は緑豊かな森林に囲まれたエチオピアで生まれました。
その後、地殻変動でサバンナ化した大地溝帯、すなわち赤道付近での生活には、長い時間をかけて皮膚色を黒くする地域適応が必要であった。これは、強い太陽紫外線から遺伝子の材料である葉酸を分解から守るための進化であった。ところが、近年の国際化は僅か10時間程度で灼熱の地域へ移動を可能にし、転校や旅行によっても著しく異なる環境に晒される。
このような急速な変化から遺伝子を守る化粧品の働きについて考えてみましょう。
インターネットで加害者・被害者にならないために
医療ビジネス薬科学科・准教授 村井 保之
携帯電話やパソコンでインターネットを利用すると、情報や物を簡単に手に入れることができます。
また、Facebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)などで友達の輪を広げることも、情報を発信することも簡単にできます。でも、そんな便利なインターネットですが、正しい知識がないまま利用すると、知らないうちに犯罪の被害者に、それどころか知らないうちに加害者になってしまいます。
そのようなインターネットに潜んでいる危険を警視庁が作製したビデオで紹介し、被害者・加害者にならないためにどうすれば良いかを解説します。
目で見ることが出来ない生き物についての話
~微生物による疾患と予防法~
教養教育センター・准教授 齋藤 博
私たちの身のまわりには多くの微生物が存在しています。微生物は非常に小さいため肉眼では見ることが出来ず、顕微鏡を使わなければ観察することは出来ません。このようにとても小さな生き物である微生物が私たちにとって必要なのか、それとも必要ないのか、良く知られる微生物について講義します。食中毒の原因となる微生物から身を守る方法そして医療へ貢献している微生物など身のまわりの微生物について学びましょう。
体の中の小さな戦士
生命医療薬学分野・教授 井上 裕子
私たちは、つねに細菌やウイルスなどの微生物と戦いながら生きています。その戦いに負けてしまうと、風邪を引いて熱がでたりしてしまいます。この様に微生物と戦ってくれているのが、私たちの体に備わっている免疫機構なのです。免疫力を発揮するためには、いろいろな細胞がそれぞれの役割をこなしながら、抜群のチームワークが必要となります。どんなプレーヤーがどんな役割をして戦っているのかをわかりやすく紹介したいと思います。
健康には何がいい?
~健康食品・サプリメント・医薬品のはなし~
臨床薬剤学分野・教授 中島 孝則
「健康食品って食べるとからだにいいのかな?」「サプリメントとお薬、どこが違うのかな?」「体調が悪いけどサプリメントで直せるのかな?」「そもそも健康食品ってなに?」そんなあなたの素朴な疑問に答えます。健康食品・サプリメント・医薬品の違い、その選び方とのみ方、健康に過ごすためにはどうしたらいいのか、そして健康を守る薬剤師の役割と薬学の最新事情についてお話しします。
病気を予防する~生活習慣って大事です!~
健康生命科学分野・教授 樋口 敏幸
糖尿病、高血圧症、脂質異常症、肥満、がん、脳卒中、心疾患などは生活習慣病と呼ばれる慢性疾患です。高校生の皆さんは、「私にはまだ関係ない」、「40代、50代以上の大人の病気」などと思っているのではないでしょうか?しかし、これらの病気の発症には若い頃からの日々の生活習慣(食事、運動、睡眠、飲酒、喫煙など)が密接に関わっていますので、生活習慣病は皆さんにとっても身近な病気なのです。
ここでは“生活習慣病ってどんな病気?”、“どんな生活習慣が悪い?”、“予防するには?”などについて考えます。
災害医療と薬剤師
~今、私達に求められていること~
臨床薬学教育センター・教授 松田 佳和
未曾有の大地震から数ヶ月以上が過ぎたこの時期に、私たち薬剤師(薬学生)は「何ができるのか?」「何をすべきなのか?」と考えてみる必要があると思います。 心ない風評被害や根拠のない不安からの被災者保護、医療チームへの参加、衛生環境の向上等、専門性を活かした貢献が求められているはずです。
病院で出されるお薬とお店で買うお薬はどう違うの?
臨床薬学教育センター・教授 藤原 邦彦
今、あなたは頭が痛くて「病院へ行ってお薬を出してもらおうかな?」あるいは「近所のドラッグストアで頭痛薬を買おうかな?」と迷っています。そしてあなたはフッと思います。「病院のお薬とドラッグストアの棚に並んでいるお薬の違いってなに?同じ痛み止めなのに・・・。」また、別のことも不思議に思えてきました。「ドラッグストアでお薬を売る人の名札には「薬剤師」と書かれている人と「登録販売者」と書かれている人がいるけど、なぜ?どう違うの?」。何やらそこには決まりごとがあるみたいです。私が分かり易くご説明しましょう。
地球はくすりの宝庫~自然から生まれたくすり~
医療ビジネス薬科学科・准教授 安田 高明
昔からヒトは、身近な動植鉱物、すなわち天然素材を「くすり」として病気に用い、病を克服してきました。
さて、私たちが病気になった時に服用している「くすり」の中に、ヒトが人工的に作りだしたもの以外に、天然から発見されたものがたくさんあることをご存知でしょうか?
出張講義では、病気の治療に欠かすことのできない、自然から誕生したおくすり(医薬品)について、歴史的なエピソードも交えてご紹介したいと思います。
醸(かも)しの科学 ~身体に良い醗酵食品~
漢方薬学分野・教授 高野 文英
お酒、漬物、豆腐、納豆・・・全国各地には、その土地に応じた特有の醗酵食品がたくさんあるのをご存知ですか? 我が国が長寿国だった(!?)秘訣は、実は、醗酵食品を程よく摂取していたことが理由の一つだとも言われています。出張授業では醗酵食品がなぜ身体に良いのかについて、科学的に迫ってみたいと思います。
毒と薬と薬学
薬品創製化学分野・教授 船山 信次
薬は使い方によっては毒となり、毒と思われるものも使い方によっては薬となる。まさに毒と薬は紙の裏表のようなものである。そして、薬を毒と化さないよう、毒を薬と利するように管理し、コントロールするのが薬学の使命であり、薬剤師の職能である。この講演では、相反するようで実は表裏一体である毒と薬の関係、そして、毒と薬の関係と薬学がどうかかわり合いを持っているのかをわかりやすく解説する。
近著に(単著のみ):『図解雑学 毒の科学』(ナツメ社)、『毒と薬の世界史』(中公新書)、『<麻薬>のすべて』(講談社現代新書)、『毒―青酸カリからギンナンまで』(PHPサイエンス・ワールド新書)、『毒草・薬草の事典』(ソフトバンク サイエンス・アイ新書)、『アルカロイド―毒と薬の宝庫』(共立出版)、『アミノ酸』(東京電機大学出版局)、『有機化学入門』(共立出版)、『毒と薬の科学―毒から見た薬・薬から見た毒』(朝倉書店)、『カラー図解 毒の科学』(ナツメ社)など。TV・ラジオ出演:NHK「爆笑問題のニッポンの教養(file082 ヒトと毒薬)」、TBSラジオ「松尾貴史の夢*夢 engine」など。
からだを守るしくみの話
臨床薬学教育センター・准教授 河村 剛至
人のからだはどのようなしくみで、守られているのでしょう。普段は気にとめていないという人がほとんどでしょう。人の体はとても複雑なしくみで外敵から守られています。それが免疫です。自分を守り、体内に侵入した外敵を攻撃する免疫のしくみは自然が作り出した素晴らしい生命のしくみです。病気で熱が出るのはなぜでしょう。傷から膿がでるのはなぜでしょう。
この話を聞くと、私達のからだは小宇宙であると感激することでしょう。
“痛み”を科学する
~痛みをガマンしてはいけません!~
生命医療薬学分野/医療ビジネス薬科学科・教授 櫻田 誓
頭痛、腰痛、生理痛、やけどによる痛みや、末期癌の患者さんに多く見られる癌性疼痛など、“痛み”には様々なものがあります。痛みは、共通の認識をもてる五感とは違い、本人しかわからない感覚であるため、現代医療にあっても痛みを病気の症状の一つにしか過ぎないとする考えが残っています。また、日本では、「痛みを我慢することが偉い!」とする考えがまだ根強く残っているようです。
近年、痛みを科学的に捉えることが出来るようになってきました。
痛みは、「症状」ではなく、「病気」そのものなのです。痛みを放っておくと大変なことになりますよ!!
クスリがもたらしたもの・もたらすもの
生命医療薬学分野・教授 佐藤 卓美
クスリはよく「両刃(もろは)の剣」と称されます。クスリが多くの命を救ってきたことは疑う余地こそありませんが、反面、薬害や副作用、相互作用などにより尊い命が失われていることも事実です。クスリの光と影を浮き彫りにし、クスリが体内でどのように動き、作用するのかを概説するとともに、クスリの在り方について見直してみたいと思います。また、クスリが我々の日常生活に与える影響なども一緒に考えてみましょう。
セキが出るけど、風邪かなあ?
生命医療薬学分野・教授 林 泉
Aさん
「ゴホン、ゴホン!あれ、このごろセキがでるなぁ。熱はないと思けど、やっぱり風邪かな。とりあえず、薬局へ行って、咳止めでも買ってこようかな。」
―――薬局で―――
B薬剤師「こんにちは。どうされましたか?」
Aさん「セキが出るので、セキ止めをください。」
さて、この人は、本当に風邪なのでしょうか?実は、もっと大変な病気かも知れないのです。さあ、皆さんと一緒に調べてみましょう!B薬剤師さんは、どうするでしょうか?
蛍光のひみつ
~見えないものが科学の眼で見えてくる!~(実験も含む)
物理系薬学分野・准教授 荒井 健介
"蛍光"って言葉、聞いたことありますよね。蛍光灯、蛍光ペン、などなど。では蛍光とは一体なんでしょう?蛍(ほたる)の光って書くけど、ホタルとは関係あるのかな?お札やパスポート、さらには入浴剤や洗剤にも使われているって本当?実は、"蛍光"という現象は身の周りのさまざまなところで利用されています。それだけでなく、薬学などの生命科学でも、わずかな量のくすり、たんぱく質、DNAなどの量を高感度に測るための手段として広く使われていて、病気の診断や治療に大いに役立っています。そんな興味深い蛍光の世界をのぞいてみませんか!