医療ビジネス薬科学科

診療情報管理士

本学科は、(社)日本病院会より指定校認定を受けております。
診療情報管理士の資格試験は、3年次に受験します。

 

診療情報管理士とは?

 

診療情報管理士とは?

 

診療情報管理士資格取得に向けて診療情報管理士資格取得に向けて

   

診療情報管理士 資格取得

 

 

診療情報管理士資格取得のための病院実習

 

 

医療ビジネス薬科学科 情報薬学コースでは、病院の管理や経営に携わる「診療情報管理士」の育成を目指しています

「診療情報管理士」は、カルテなどを扱うため、薬や疾病などの知識が要求されます。既存の診療情報管理士養成施設では、医薬品に対する教育が十分になされているとは言えません。多くの病院で、薬と疾病に関する知識を持った「診療情報管理士」が求めてられています。

「診療情報管理士」の業務内容として、診療記録を点検して、必要に応じていつでも使えるようにする「記録の管理」、診療情報データを項目ごとに分類する「情報の管理」、データベースから必要な情報を抽出・加工・分析する「情報の活用」があります。

診療情報管理士には、経営基盤を支えることが期待されています。診療情報には病院経営に関わるデータもいろいろと含まれているからです。データを分析することにより、病院の機能を高めることができ、医療資源の使われ方も見えてきます。病院の中には経営管理室所属の診療情報管理士もいます。そのため、情報の活用が充分になされている病院では、黒字になる可能性が高くなると考えられます。