社会貢献・地域連携

文京博覧会2017に出展しました!

2017-11-18
 

本格的な冬が間近に迫る11月17日(金)・18日(土)の2日間にわたって、文京シビックホールにて文京博覧会2017が行われ、本学が出展しました。

 

 

同イベントは文京区の産業・食・逸品・伝統工芸をまるごと体感することを目的とし、この時期の恒例行事となっています。会場では区内大学のほか文京区内の企業・店舗、提携している市区町村が出展し、市町村の特産品や区内大学の産学官連携商品の販売が行われます。
本学からは、キハダサイダーをはじめとする産学官連携商品の販売と、地域連携事業及び産学官連携商品のポスター掲示を行い、多くの方にお越しいただきました。同イベントは文京区との連携協定締結後の初の参加となります。

 

 

出展ブースでは販売に加え、キハダサイダーや甘こうじの試飲、アロマハンドクリームのお試し実施も行い、来場された皆様は「(甘こうじは)おいしくて飲みやすい」「(アロマハンドクリームは)いい香りがする」と好評をいただきました。
また、17日にはお茶の水キャンパス・医療ビジネス薬科学科4年から学生2名が、18日にはさいたまキャンパスから『苔逢わせ』のメンバーの学生4名に加え、BP受講一期生2名が販売応援に駆け付け、積極的に手伝っていただき、ブースを大いに盛り上げてくれました。
2日間で、キハダサイダー56本、甘こうじ64本、アロマハンドクリーム37本、アロマローションスプレー4本、キハダのボディソープ6本をご購入いただきました。

 

 

来場者のアンケートには、「大学がこんなに多くの商品を開発しているなんて知らなかった」「自分の住んでいるすぐ近くにキャンパスがあると知って驚いた」など、文京区にお住まいの多くの方々に本学のことを知っていただくきっかけとなりました。

 

 

本学のブースにお越しいただいた皆様、ご協力いただいた教職員・学生の皆様、本当にありがとうございました。