新着ニュース

冬芽の観察会を開催しました。

2018-02-06
 

2月3日(土)にさいたまキャンパスで「冬芽の観察会」を開催しました。参加者は「さいたま緑のトラスト協会 所沢・飯能支部」所属の19名で、本学の山下裕講師による講義と観察会を行いました。

 

スライドでの講義は、専門用語を交えながらも冬芽の特徴を示した写真の説明に、参加者の皆様が熱心にメモを取っている姿が見られました。


キャンパス内雑木林はまだところどころ雪が残っていましたが、観察会では冬枯れの木立の中を散策しながら、それぞれの落葉樹から冬芽を手に取り、ルーペなどで観察しました。特徴のある形の冬芽を発見するたびに参加者の中から歓声があがるなど、和気藹々とした雰囲気の中で観察会が行われました。

 

昼食は、学食で冷えた体を温めてもらい、午後からは漢方資料館の見学を行いました。

 

漢方資料館では、高野教授から漢方の由来や最新の医学に用いられている事例などの解説があり、参加者との質疑応答が活発に行われ、好評のうちに観察会は終了しました。