新着ニュース

2017年度漢方アロマコース第4回目の講座が行われました。

2017-05-15

5月14日(日)に、新緑鮮やかな秩父入川渓谷おいて「薬用林産資源の現地調査」が行われました。現地では、秩父樹液生産協同組合の島崎先生から林道沿いに植生するカエデ、目薬の木などの薬用木の特徴、林産資源としての価値などの説明を受けました。霧雨の降るあいにくの天候でしたが受講生は、説明を受けた薬用木の花や葉などを手に取って熱心に観察を行っていました。この後、なめこ工場の向かい、なめこの培養過程の見学を行い、なめこの成長の速さと勢いに驚いていました。