新着ニュース

日本薬科大学の学生が運営する「苔逢わせ」が、秩父のイベントに参加しました。

2017-05-08

 

地域連携のキハダプロジェクトから派生した「苔逢わせ」は、日本薬科大学の学生が主体となり活動している地域活性化の取り組みの一つです。4月29日、秩父ミューズパークの一角にあるシュガーハウスMAPLE BASEで行われた一周年を記念するイベントに、本学の5年生と2年生も含め学生11人が参加しました。終日、奥秩父の苔を用いた苔テラリウム作りのワークョップを行いました。シュガーハウスMAPLE BASEは、キハダプロジェクトの一員で現在マスコミ等でも多く取材されている井原愛子氏がプロデュースしているメイプルを主体としているモダンなお店です。秩父の森づくりを目指して集まった人々と、地元の人、観光客の人たちとの繋がりもでき更に輪を広げることができました。売り上げは森づくりのため基金の一部になります。学生たちの活動を通して秩父地域への日本薬科大学の存在はさらに大きくなりました。