新着ニュース

平成28年度日本薬科大学生涯教育研修会を開催しました。

2017-02-07
 

2月4日(土)、さいたまキャンパスにおいて、平成28年度日本薬科大学生涯教育研修会を開催しました。

 

今回は、「災害時、薬剤師は何をすべきか」というテーマについて、実際に東北大地震を体験し、薬剤師として被災地での支援活動を行われた宮城県薬剤師会会長佐々木孝雄先生と東北大学病院を中心に感染対策を展開された東北大学大学院医学系研究科教授の賀来満夫先生をお招きし、講演して頂きました。佐々木先生からは、被災現場の薬剤師の関与の現状や種々の問題点を分かり易く説明して頂き、災害時医薬品供給車の重要性を示されました。

 

また、賀来先生からは、災害による環境衛生の悪化から生じる災害バイオハザードの特長とそれを予防するための薬剤師の役割について、詳しく講演して頂きました。研修会に参加された薬剤師の先生からは、「災害時の薬剤師の役割は大きいものと実感した」「災害時の感染症予防の大切さを知り、万一に備えたいと思った」等の感想が寄せられました。